生年月日データベース

清岡純子きよおかすみこ

写真家[日本]

1921年 6月22日

1991年 10月17日 死去享年71歳

清岡 純子 (きよおか すみこ、1921年(大正10年)6月22日 - 1991年(平成3年)10月17日)は、日本の写真家。
少女ヌード作品で知られる。
生涯 1921年に子爵である清岡長言の三女(五人兄妹の末っ子)として京都府京都市に生まれる。
京都の名門華族・清岡家は菅原道真の子孫で、長言は貴族院議員で大正天皇侍従職。
また、母親の峯子も子爵家である唐橋家の出で、こちらも遡ると菅原家を祖とする同族である。
清岡家はいわゆる五条庶流、五条為康の次男・長時を祖にする。
家格は半家・新家、家業は儒学であった。
唐橋家は高辻同祖、菅原定義の子・在良を祖とし、家格は半家・旧家、家業は紀伝道であった。
写真家として新日本新聞社、キネマ画報社、新歌舞伎座を渡り歩いた後、1965年東京に移りフリーとなる。
報道写真のほか、日本におけるレズビアン活動の先駆者として『女と女 レスビアンの世界』(浪速書房、1968年)、『レスビアンラブ入門 心に愛を唇に乳房を』(池田書店、1971年)を出版。

関連書籍

写真家。少女写真の第一人者。日本蹴鞠保存会の会長を務めた、旧華族の清岡長言?(ながこと)の娘。 なお、新聞社勤務時代は、司馬遼太郎と同僚であった。 関連語  (引用元 Hatena Keyword)

「清岡純子」と関連する人物