生年月日データベース

ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレJosé Echegaray y Eizaguirre

土木工学者数学者政治家作家[スペイン]

1832年 4月19日

1916年 9月 死去享年85歳
ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレ - ウィキペディアより引用

ホセ・エチェガライ・イ・エイサギーレ(スペイン語:José Echegaray y Eizaguirre、1832年4月19日 - 1916年9月4日)は、スペイン・マドリード出身の劇作家。
代表作に思うように作品を書けない作家の主人公エルネスト、彼の庇護者で「第二の父」と自称するドン・フリアン、その妻である若き女性テオドーラを巡った三角関係で世間(媒)から非難を受けて家庭崩壊していく悲劇的な戯曲『恐ろしき媒(スペイン語版)』がある[※ 1]。
しばしば「ロマン主義最後の劇作家」と評され、1904年に「独創的で個性的な手法でスペインの演劇の偉大な伝統を復活させた、数多くの鮮やかな構成物に対して」という業績でフランス・プロヴァンスの作家フレデリック・ミストラルと共にスペイン人として初めてノーベル文学賞を受賞した。
しかし本来、1904年のノーベル文学賞は少数言語で作品を書く作家に対して送られるものとして、同じくプロヴァンス語という少数言語で執筆活動を続けるフレデリック・ミストラルと共にカタルーニャ語で執筆活動を行っていた同国の作家アンジャル・ギマラーにノーベル賞が与えられるはずだったが、当時のスペイン中央政府の圧力によってギマラーの受賞は困難となり、ギマラーの代わりとして当時劇作家や政治家としても名を馳せていたホセ・エチェガライが同年のノーベル文学賞を受賞したのであった。
劇作家になるまでは土木工学者、経済学者、政治家としても活躍しており、特に数 ……