生年月日データベース

ルイス・アルバート・ネッカーLouis Albert Necker

結晶学者、地理学者[スイス]

1786年 4月10日

1861年 11月20日 死去享年76歳
ルイス・アルバート・ネッカー - ウィキペディアより引用

ルイス・アルバート・ネッカー(スイスドイツ語:Louis Albert Necker、1786年4月10日 - 1861年11月20日)は、スイスのジュネーヴ出身の結晶学者、地質学者。
1810年よりジュネーヴ大学の教授を務め、1832年、立法形の結晶を観察している最中、偶然にも上下が反転することに気づき、図にしてみると結晶ではなく、自分の視覚のほうが変化していたことを発見する。
これにより、錯視の立方体であるネッカーの立方体を考案したことで名高い。
熱心な登山家で後半生はスコットランドで過ごし、1861年11月20日にポートリーで没した。

ルイス・アルバート・ネッカーさんが誕生してから、238年と94日が経過しました。(87024日)
亡くなってから、162年と236日が経ちました。(59407日)
27617日間 生きました。