生年月日データベース

ダニエル・ボベットDaniel Bovet

薬理学者[スイス→イタリア]

1907年 3月23日

1992年 4月8日 死去享年86歳
ダニエル・ボベット - ウィキペディアより引用

ダニエル・ボベット(Daniel Bovet、1907年3月23日 - 1992年4月8日)は、スイス生まれのイタリア人の薬理学者で神経伝達物質の活動を阻害する薬剤の開発で、1957年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
彼は1937年にアレルギーの治療薬としてヒスタミンの作用を阻害する抗ヒスタミン薬を作ったことでよく知られている。
また化学療法、スルホンアミド系薬剤、交感神経系、クラーレの薬理作用なども研究した。

ダニエル・ボベットさんが誕生してから、117年と120日が経過しました。(42854日)
亡くなってから、32年と103日が経ちました。(11791日)
31063日間 生きました。