生年月日データベース

片岡孝夫かたおかたかお

歌舞伎役者俳優[日本]

1944年 3月14日 生 (満76歳)

『片岡仁左衛門 (15代目)』より : 十五代目 片岡 仁左衛門(じゅうごだいめ かたおか にざえもん 1944年3月14日 - )は、歌舞伎役者、俳優。
屋号は松嶋屋。
定紋は七つ割丸に二引、替紋は追っかけ五枚銀杏。
歌舞伎名跡「片岡仁左衛門」の当代。
本名及び旧芸名は片岡 孝夫(かたおか たかお)。
半世紀近くにわたって本名のまま舞台に立ち続けていたので、大名跡「仁左衛門」を襲名した今日でも「孝夫」と呼ぶ人は多い。
現代の歌舞伎を代表する人気歌舞伎俳優。
すらりと背が高く色気のある二枚目。
『女殺油地獄』の与兵衛が絶賛され、五代目坂東玉三郎との孝玉コンビが人気を集めるなどの実績から、長男の継承が多い歌舞伎界の中で、父十三代目片岡仁左衛門や永山武臣松竹会長により三男ながらも抜擢された。
爽やかな芸風で『女殺油地獄』の与兵衛、『伊賀越道中双六・沼津』の十兵衛、『菅原伝授手習鑑・道明寺』の菅丞相など義太夫狂言の立役はもちろん、『小袖曾我薊色縫』(十六夜清心)の鬼薊清吉、『恋飛脚大和往来・封印切』の忠兵衛、『助六曲輪花初櫻』の花川戸助六、『廓文章』(吉田屋)の伊左衛門など江戸と上方の役を演じわけ、『櫻姫東文章』の権助などの南北物、『桐一葉』の木村重成などの新歌舞伎、『お祭り』などの舞踊まで、幅広い芸域を持っている。

「片岡孝夫」と関連する人物