生年月日データベース

クリストファー・ピサリデスChristopher Antoniou Pissarides

経済学者[キプロス→イギリス]

1948年 2月20日 生 (満73歳)

 - ウィキペディアより引用

クリストファー・ピサリデス(Christopher Antoniou Pissarides、ギリシア語: Χριστόφορος Αντωνίου Πισσαρίδης、1948年2月20日 - )は、キプロス共和国の経済学者である。
キプロス共和国でギリシャ系キプロス人の家庭にて誕生、1973年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済学者の森嶋通夫による指導の下で経済学の博士号を取得した。
マクロ経済学が専門であり、特に労働経済学、経済成長理論、経済政策の研究で名高い。
2010年、ピーター・ダイアモンド、デール・モーテンセンとともに、労働経済におけるサーチ理論に関する業績を称えられてノーベル経済学賞を受賞した。

関連商品