生年月日データベース

平瀬作五郎ひらせさくごろう

植物学者[日本]

(安政3年1月7日生)

1856年 2月12日

1925年 1月4日 死去享年70歳
平瀬作五郎 - ウィキペディアより引用

平瀬 作五郎(ひらせ さくごろう、安政3年1月7日(1856年2月12日) - 大正14年(1925年)1月4日)は、明治・大正期の植物学者。
1856年、福井市日之出町にて、福井藩士平瀬儀作の長男として生まれる。
1872年、福井藩中学校(現・福井県立藤島高等学校)に入学、加賀野井成是に油絵を学ぶ。
卒業後、同校の中進業生図画教授助手を拝命。
1873年、山田成章の写実派油絵を学ぶために上京。
1875年、東京での油絵留学から帰郷、岐阜県中学校図画教授方を拝命する。
1888年、帝国大学理科大学(現・東京大学理学部)植物学教室に画工として勤務、1890年技手となる。
主として図画を描いていたが、植物学に興味をいだき、1893年、イチョウの研究を始める。
1894年1月に最初の論文“ぎんなんノ受胎期ニ就テ”を植物学雑誌に発表、1896年にはイチョウの精子を世界ではじめてプレパラートで確認した。
平瀬作五郎によるイチョウの精子の発見は、池野成一郎によるソテツの精子の発見に先立つ1894年1月であると言われている。

関連書籍

ひらせ-さくごろう 1856-1925明治-大正時代の植物学者。安政3年1月7日生まれ。岐阜中学の図画教師などをへて,明治21年から帝国大学植物学教室につとめ,植物図をかく。26年助手となり,27年池野成一郎の助言でイチョウの精子を発見。30年退職し,京都の花園中学などにつとめた。45年学士院恩賜賞。大正14年1月4日死去。70歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。福井藩中学卒。 (引用元 コトバンク)

「平瀬作五郎」と関連する人物