生年月日データベース

益子直美ますこなおみ

元バレーボール選手、タレント[日本]

1966年 5月20日 生 (満53歳)

益子 直美(ますこ なおみ、 1966年5月20日 - )は、日本のタレント、スポーツキャスターで、元バレーボール全日本代表選手。
東京都葛飾区出身。
テレビアニメ『アタックNo.1』の影響で、地元の金町中学校に入学と同時にバレーボールを始める。
2年生の時に葛飾区大会で優勝し、3年生ではチームの主将になり、東京都選抜に選ばれる。
1982年、地元の共栄学園高等学校に進学。
1984年の第15回春高バレーでは、バックアタックと、ジャンピング・ドライブサーブを武器に、八王子実践高等学校の連勝記録(当時)を106で止め、準優勝に輝く。
同年、高校3年生で全日本代表メンバー入り。
「下町のマコちゃん」のニックネームで、大林素子らと共に1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボール界を席巻した。
1985年、イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。
1990年、斎藤真由美らと共に、第23回日本リーグで念願の初優勝に貢献。
1991年度には主将を経験した。
その後も全日本代表メンバーとして活躍するも、オリンピックには出場できなかった。

スポーツリポーター。タレント。 生年月日 1966年5月20日 出身地 東京都葛飾区 身長・体重 175センチ・58キロ(ベスト) 血液型 A型 所属事務所 オフィスASOBO (引用元 Hatena Keyword)