生年月日データベース

砂川捨丸すながわすてまる

漫才師、「砂川捨丸・中村春代」[日本]

1890年 12月27日

1971年 10月12日 死去享年82歳

砂川 捨丸・中村 春代(すながわ すてまる・なかむら はるよ)は、大正から昭和にかけて活躍した日本の漫才コンビ。
古典萬歳から現代の漫才に至るまでの過渡期(この頃多くは「万才」と表記された)の典型的スタイルだった音曲主体の型を残しつつ、新たな要素も取り入れた漫才を演じ続けた。
とりわけメンバーの砂川捨丸は、しゃべくり漫才登場以前の大正期において、寄席芸としての漫才の地位を高めるのに尽力した。
出囃子は『岩見』。
この項では各メンバーの経歴についても詳述する。

関連商品

「砂川捨丸」と関連する人物