生年月日データベース

上村愛子うえむらあいこ

スキーモーグル選手[日本]

(夫は元アルペンスキー選手の皆川賢太郎)

1979年 12月9日 生 (満40歳)

 - ウィキペディアより引用

上村 愛子(うえむら あいこ 1979年12月9日 - )は、日本の女子元モーグル選手。
兵庫県伊丹市出身、長野県北安曇郡白馬村育ち。
血液型AB型。
2008年度紫綬褒章受章者。
JOCスポーツ賞特別貢献賞受賞者。
オリンピックでは5大会連続出場していずれも7位以内の入賞を果たし、さらに日本人初のワールドカップ年間総合優勝を達成。
2014年4月に現役引退。
幼少時代 1979年12月9日、兵庫県伊丹市鴻池にて誕生。
生後間もなく、先天性心室中隔欠損症であることが判明する。
1981年、2歳のとき、両親のペンション経営開業にともない、長野県小県郡長和町エコーバレースキー場付近に転居し、同地で1982年、3歳からスキーを始める。
1986年、両親が別物件のペンション経営を行うため、長野県北安曇郡白馬村に転居し、白馬村立白馬北小学校に進学、同地でアルペンスキーを始める。
1992年、白馬村立白馬中学校に進学し、スキー部に所属するも、入部早々にいじめを受け退部。
個人的なアルペンスキーの練習を行うに留まる。
モーグル転向 1994年、白馬中学校2年生時にカナダのウィスラーへ旅行した際、モーグルスキーブラッコム大会を観戦してロシアのセルゲイ・シュプレツォフの滑走に感銘を受ける。

関連商品