生年月日データベース

佐藤秀峰さとうしゅうほう

漫画[日本]

1973年 12月8日 生 (満45歳)

佐藤 秀峰(さとう しゅうほう、1973年12月8日 - )は、日本の漫画家。
北海道中川郡池田町出身。
東京都武蔵野市在住。
札幌市立手稲宮丘小学校、札幌市立宮の丘中学校、北海道札幌西高等学校卒業、武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。
漫画家の佐藤智美は元妻。
左利き。
幼少の頃から絵を描くのが好きだったという。
大学在学中より漫画家を志し、福本伸行、高橋ツトムのアシスタントを経て1998年『週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。
『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。
インタビュー等で「漫画やアニメを見る様な趣味らしい趣味は無い」と述べている。
人物の顔面筋肉や皮膚の弛みなどを詳細に描いている。
2002年、『ブラックジャックによろしく』で第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。
1997年 - 『PROMISED LAND』で『月刊アフタヌーン』の四季賞に準入選し、実質デビュー。

1973年生まれ、北海道出身のマンガ家。代表作に海上保安官、潜水士の活躍を描き、数度にわたりテレビドラマや映画化もされた『海猿』(原案・小森陽一)や、やはりテレビドラマ化された、研修医を主人公に大学病院や医療現場の現状を題材とした『ブラックジャックによろしく』、『新ブラックジャックによろしく』などがある。綿密な取材に基づいて、人の死生観にまで踏み込んだ人間ドラマのようなテーマ性を帯びた作風が特色。 講談社の「週刊モーニング」に連載されていた『ブラックジャックによろしく』は、2006年に長期休載後、小学館の「ビッグコミックスピリッツ」に移籍し『新ブラックジャックによろしく』として再開し、その経緯が注目されていた。09年に自身のブログで、これらの要因となる出版社との様々なあつれきや、原稿料や経費の実情などを次々に公開し話題になった。10年3月には雑誌や書籍によらないマンガの発表の場を求めて、インターネット上でマンガを出展・販売するサイト「漫画onWeb」をオープンし、これを運営する有限会社佐藤漫画製作所代表を務めている。 マンガの出版では大手数社による寡占化が進んでおり、作者と編集部とのトラブルが取りざたされることがしばしばあった。また、社会派の佐藤作品には、作者・アシスタント、原案のみならず、取材、資料収集などが必要で、作者と出版社編集部の共同作業に負うことが大きい。こうしたなかで、出版社編集部に対して原稿料の増額交渉の決裂や作品の無断2次使用、せりふの改変などで不信感が募り休載を余儀なくされた経緯や、原稿料が抑えられており経費を支払うと赤 …… (引用元 コトバンク)