生年月日データベース

岩合光昭いわごうみつあき

動物写真家[日本]

1950年 11月27日 生 (満68歳)

岩合 光昭(いわごう みつあき、1950年11月27日 - )は、日本の動物写真家。
東京都出身。
法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。
同じく動物写真家であった父・岩合徳光の助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に動物写真家を志し、猫などの身近な動物から世界各地の野生動物まで様々な題材を取り上げる。

1979年、アサヒグラフに連載された『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。
1982年から1984年までアフリカ・タンザニアのセレンゲティ国立公園に滞在して撮影した写真集『おきて』は、英語版が15万部を超えるなど世界中でベストセラーとなった。
また日本人の作品としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った。
妻と一女がいる。
テレビ NHK 『ウオッチング 「ラッコの肝っ玉かあさん」』(1985年) 『ウオッチング 「トラなんかこわくない・インドの鹿サンバーの防衛術 」』(1986年) 『地球ファミリー 圧巻!クジラのエサとりをとらえたハワイ・アラスカ』(1990年) 『地球ファミリー 疾走!チーター親子の狩りを見た』(1990年) 『NHKスペシャル 生中継ガラパゴス・生きものたちの王国』(1995年) 『大自然スペシャル 動物カメラマン 野生へのまなざし 氷原の王者ホッキョクグマに迫る』(2003年) 『NHK大自然ドキュメンタリー「カメラマン岩合光昭 極北を撮る」』(NHK-BS) 『岩合光昭の世界ネコ歩き』(2012年8月6日~ 、NHK-BSプレミアム) 主な写真集 小学館 『おきて-アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』(1986/6・1989/7) 『クジラの海』(1990/04) 『ペンギン大陸』(1991/12) 『カンガルー時間』(1992/06) 『NATURE CALLS(ネイチャーコールズ)』(1993/06) 『氷のゆりかご-アザラシ成長日記』(1994/3) 『ライオン家族』(1995/ ……

映像作品

関連書籍

ミュージック

日本の動物写真家。 1950年、東京生まれ。19歳のときに父・岩合徳光と訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続けている。 美しく、想像力をかきたてる写真は「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度にわたって飾り、全世界で高く評価されている。木村伊兵衛賞を受賞した「海からの手紙」(朝日新聞社)や全世界でベストセラーとなっている「おきて」(小学館)をはじめ、数多くの写真集を発表している。また、NHK BSプレミアムで2012年に「岩合光昭の世界ネコ歩き」を放送。2013年には月1回のレギュラー番組化した。使用しているカメラはオリンパス。 (引用元 Hatena Keyword)

「岩合光昭」と関連する人物