生年月日データベース

川久保玲かわくぼれい

ファッションデザイナー[日本]

1942年 10月11日 生 (満76歳)

川久保 玲(かわくぼ れい、1942年10月11日 - )は、日本のファッションデザイナーで、ファッションブランド「コムデギャルソン」の創始者。
株式会社コムデギャルソンの創業者にして設立から現在に至るまで代表取締役社長を務めるオーナーデザイナー。
東京に出生。
父親は慶應義塾大学の職員であった。
慶應義塾大学文学部哲学科を卒業後、株式会社旭化成宣伝部に入社。
3年で退職し、フリーランスのスタイリストとなる。
1969年にファッションブランド「コムデギャルソン」(Comme des Garçons、仏:少年のように)を立ち上げ、高級既製服(プレタポルテ、婦人服)の製造・販売を開始。
1973年には株式会社コムデギャルソンを設立し、現在も同社社長を務める。
1975年、東京コレクション初参加。
1981年、パリコレクション初参加。
体の線を意識し女性性を謳歌するような西洋のデザインとは全く異なる、川久保の直線的でノンセクシャルな初パリ・コレクションは、ボロ布のようだ、ヒロシマ・シックなどと揶揄されたが、そのアバンギャルドな服作りは、パリのファッション界に大きな衝撃を与えた。

関連書籍

かわくぼれい [生]1942.10.11.東京服飾デザイナー。慶應義塾大学哲学科卒業。繊維メーカーに勤務した後,1969年コム・デ・ギャルソンのブランドで婦人服の製造販売を始める。78年メンズウエアに進出。81年春,山本耀司とともにパリのプレタポルテ・コレクションに初参加。黒一色で,布に穴があいていたり,ゆがんだり,ねじれたりでどこが袖か身ごろかわからないような前衛的なデザインを発表し,フランスのファッション界に衝撃を与えた。黒を基調とすることから「カラス族」といった流行語も生れた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ブランド
  • コムデギャルソン
  • 慶應義塾大学
  • コレクション
  • ファッション
  • マスコミ
  • 出典
  • 哲学
  • 履歴
  • 文学部
  • 旭化成
  • 株式会社
  • 構築
  • 発表
  • 語録
  • ァッションデザイナー
  • オーナー
  • デザイナー
  • 代表
  • 入社
  • 出生
  • 創始者
  • 創業者
  • 卒業
  • 取締役
  • 東京
  • 東京都
  • 父親
  • 現在
  • 社長
  • 職員
  • 設立