生年月日データベース

辻政信つじまさのぶ

陸軍大佐、政治家[日本]

1902年 10月11日

1961年 4月 死去享年60歳
辻政信 - ウィキペディアより引用

辻 政信(つじ まさのぶ、1902年(明治35年)10月11日 - 1968年(昭和43年)7月20日)は、日本の陸軍軍人、政治家。
軍人としての最終階級は陸軍大佐。
ノモンハン事件、太平洋戦争中のマレー作戦、ポートモレスビー作戦、ガダルカナル島の戦いなどを参謀として指導し、軍事作戦指導では「作戦の神様」と讃えられた。
その一方で、指揮系統を無視した現場での独善的な指導、部下への責任押し付け、自殺の強要、シンガポール華僑粛清事件、バターン死の行進における偽の捕虜処刑命令などの戦争犯罪への関与、戦後の戦犯追求からの逃亡などについて多くの批判がある。
敗戦後は数年間を国内外で潜伏したのち、戦記を発表しベストセラーとなった。
政治家に転身し衆議院議員(4期)、参議院議員(1期)を歴任した。
参議院議員在任中の1961年4月に視察先のラオスで行方不明となり、1968年(昭和43年)7月20日に死亡宣告がなされた。
生涯 幼年学校、士官学校と陸軍大学校 石川県江沼郡東谷奥村今立(現在の加賀市山中温泉)で4人兄弟の3男として生まれた。

関連書籍

DMMメディア

  • 蒋介石の密使辻政信
  • 辻政信と七人の僧 奇才参謀と部下たちの潜行三千里 新装版
  • 辻政信と消えた金塊
  • 悪魔的作戦参謀辻政信 稀代の風雲児の罪と罰 新装版
  • 作戦参謀辻政信 ある辣腕参謀の罪と罰 新装版

旧陸軍参謀、作家、国会議員(1902-1961)。 1902年、現在の石川県加賀市に生まれる。 旧ソ連との国境紛争のノモンハン事件や、マレー上陸戦、ガダルカナル島攻防戦など数々の作戦を指揮した。太平洋戦争の仕掛け人であり、陸軍が中国・英米との対決路線へと暴走していく”主犯”のひとりとされている。シンガポール攻略作戦の功から「作戦の神様」と呼ばれた。 戦後、シンガポールでの華僑虐殺事件をめぐり戦犯容疑がかかり、僧に変装して東南アジアや中国に潜伏し、戦犯解除となる1950年まで逃避行。逃走中の記録「潜行三千里」がベストセラーに。1952年に衆院選に地元石川県から出馬しトップ当選。4期務めて参院議員に転身したが、1961年に単身で潜入したラオス奥地で失跡した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出典
  • オペレーティング
  • システム
  • ブラウザ
  • 政信
  • ウェブ
  • スタイル
  • マニュアル
  • レイアウト
  • 作戦
  • 文字
  • 渾名
  • 環境
  • 生誕
  • 神様
  • 追加