生年月日データベース

フランソワ・モーリアックFrancois Mauriac

作家[フランス]

1885年 10月11日

1970年 9月1日 死去享年86歳
フランソワ・モーリアック - ウィキペディアより引用

フランソワ・モーリアック(モリヤック、François Mauriac 発音例、1885年10月11日 - 1970年9月1日)は、フランスのカトリック作家。
息子にクロード・モーリアック、外孫にアンヌ・ヴィアゼムスキーがいる。
1926年にアカデミー・フランセーズ賞を受賞し、1952年にはノーベル文学賞を受賞した。
なおアカデミー・フランセーズ賞受賞者としては初のノーベル文学賞受賞者であった。
生涯 ボルドーの中産階級の家に生まれ、敬虔なカトリックの母に育てられた。
1906年にパリに出て、フランス国立古文書学校に入学したがまもなく退校した。
文学に専念し、《現代誌 Revue du Temps Présent》に寄稿するかたわら、1909年に処女詩集『合掌 Les mains jointes』を発表し、モーリス・バレスの賞賛を得る。
第一次世界大戦に従軍し、戦後の1922年『癩者への接吻 La baiser au lépreux』を発表して小説家としての地位を確立し、次いで1923年『火の河 La fleuve de feu』『ジェニトリクス Génitrix』を発表後、1925年『愛の砂漠 Le désert de l'amour』によってアカデミー小説大賞を得た。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

  • テレーズの罪

François Mauriac、(1885年10月11日 - 1970年9月1日) フランスのカトリック作家。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 生涯
  • アカデミー
  • カトリック
  • ノーベル
  • フランセーズ
  • 文学
  • アンヌ
  • クロード
  • フランス
  • ボルドー
  • モーリアック
  • ヴィアゼムスキー
  • 上記
  • 作品
  • 作風
  • 受賞
  • 受賞者
  • 邦訳
  • 関連
  • パリ
  • 中産
  • 作家
  • 外孫
  • 息子
  • 教会
  • 階級