生年月日データベース

ハインリヒ・オルバースHeinrich Wilhelm Matthäus Olbers

文学者物理学者[ドイツ]

1758年 10月11日

1840年 3月2日 死去享年83歳

ハインリヒ・ヴィルヘルム・マトイス・オルバース(Heinrich Wilhelm Matthäus Olbers, 1758年10月11日 - 1840年3月2日)は、ドイツの天文学者・物理学者・医師。
ヴィルヘルム・オルバースもしくはハインリヒ・ヴィルヘルム・オルバースと書かれることが普通である。
ドイツのブレーメンで生まれ、ゲッティンゲンで医師となるための勉強を重ねた。
1780年に大学を卒業し、ブレーメンで開業医となった。
オルバースは毎晩のように天体観測に明け暮れ、1802年3月28日に小惑星パラスを発見した。
1807年4月29日には小惑星ベスタを発見した。
1815年3月6日、オルバースは周期彗星を発見し、オルバースの名が付けられた(13P/Olbers)。
オルバースは、「宇宙が一様で無限の広がりを持つならば、宇宙は無数の星によって太陽面のように明るく輝かなければならないが、現実の夜空が暗いのは何故か」という「オルバースのパラドックス」を提唱したことで知られる。

「ハインリヒ・オルバース」と関連する人物

連想語句
  • オルバース
  • 惑星
  • 学者
  • クレーター
  • ブレーメン
  • 医師
  • 彗星
  • 発見
  • オル
  • ゲッティンゲン
  • バーシア
  • パラス
  • パラドックス
  • ベスタ
  • ヴィルヘルム
  • 周期
  • 大洋
  • 天文
  • 宇宙
  • 木星
  • 火星
  • 物理
  • クレ
  • ドイツ
  • ハインリヒ
  • 一様
  • 位置
  • 功績
  • 勉強
  • 卒業
  • 周縁
  • 夜空
  • 大学
  • 天体
  • 太陽
  • 提唱
  • 普通
  • 毎晩
  • 無数
  • 無限
  • 現実
  • 西
  • 西端
  • 観測
  • 開業医