生年月日データベース

三田佳子みたよしこ

女優[日本]

1941年 10月8日 生 (満77歳)

三田佳子 - ウィキペディアより引用

三田 佳子(みた よしこ、1941年10月8日 - )は、日本の女優。
本名:高橋 嘉子(たかはし よしこ)、旧姓:石黒(いしぐろ)。
女子美術大学付属中学校・高等学校卒業。
芸名の三田は慶應義塾大学野球部のファンだったため。
三田佳子事務所所属。
夫は元NHKプロデューサーの高橋康夫。
長男は森宮隆、次男は高橋祐也。
来歴・人物 大阪府大阪市生まれ。
生後半年で東京都に移り3歳の年に一家で山梨県へ疎開、終戦後は下北沢を経て中野区で育つ。
中学・高校時代から多数のテレビに出演。
高校在学中から映画会社数社にスカウトされるが断り続け、高校を卒業した1960年春に第二東映へ入社した。
同年、『殺られてたまるか』で女優デビュー。
当初から主役級で起用され、佐久間良子に次ぐ東映現代劇の看板女優との扱いを受ける。
1967年に東映を退社しフリーとなり、テレビと舞台を中心に活動した。
1984年の映画『Wの悲劇』での演技が高く評価され、各映画賞を受賞。
1986年の大河ドラマ『いのち』に主演し、高視聴率を獲得。
テレビでの人気を不動のものとし、1989年 - 1990年に『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を連続して務める。

映像作品

関連書籍

音楽作品

女優。本名は高橋嘉子(旧姓・石黒)。1941年10月8日生まれ。大阪府大阪市出身。代表作は映画「Wの悲劇」など。 (引用元 Hatena Keyword)