生年月日データベース

武満徹たけみつとおる

作曲家[日本]

1930年 10月8日

1996年 2月20日 死去享年67歳
武満徹 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

たけみつとおる [生]1930.10.8.東京[没]1996.2.20.東京作曲家。16歳で作曲を志し,清瀬保二に師事。1950年清瀬らの「新作曲派協会」に入会,ピアノ曲『2つのレント』でデビュー。51年詩人瀧口修造を中心に前衛芸術家グループ「実験工房」を結成する。57年,のちにストラビンスキーに感銘を与えたという『弦楽のためのレクイエム』を発表,59年「二十世紀音楽研究所」に参加。65年『テクスチュアズ』(1964)で国際現代作曲家会議最優秀賞を受賞,以後,『地平線のドーリア』(66)や尺八・琵琶を用いた『ノヴェンバー・ステップス』(67)を次々と発表し,その精緻な構成と,東西の音の感性を融合させた独自の作風が海外でも高く評価され,委嘱作も多い。代表作はほかに,尾高賞受賞作『カトレーン』(75),『遠い呼び声の彼方へ』(80),また映画音楽『切腹』(1962),『砂の女』(64)など多数。著作に『武満徹=1930……∞』(64),『音,沈黙と測りあえるほどに』(71)などがある。80年日本芸術院賞,85年フランス芸術文化勲章を受けた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 音楽
  • クラシック
  • デビュー
  • ポータル
  • ウィキ
  • ステップス
  • タケミツ
  • ノヴェンバー
  • 世界
  • 作曲家
  • 作風
  • 初期
  • 前衛
  • 和楽器
  • 実験
  • 工房
  • 態度
  • 現代
  • テレビ
  • 中期
  • 代表
  • 展開
  • 所属
  • 日本
  • 映画
  • 活動