生年月日データベース

久保田一竹くぼたいっちく

染色工芸家[日本]

1917年 10月7日

2003年 4月26日 死去享年87歳

■ 関連書籍

【くぼたいっちく】 染色工芸家。東京生れ。友禅師小林清に師事。絵画も学び,1959年より辻が花染めの研究を始める。1962年現代の布と化学染料を使った独自の技法によりその再現に成功,〈一竹辻が花〉と名づけた。1977年東京で第1回個展開催,以来国内外で個展を開催。深い色合の大胆な構図による四季の絵模様は現代的,技巧的で,《ギネス・ブック》に世界一高価な着物として登録され,話題を呼んだ。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 友禅
  • 東京
  • 染色
  • 生涯
  • 北川
  • 博物館
  • 国立
  • 大橋
  • 大震災
  • 平成
  • 手書き
  • 春耕
  • 神田
  • 辻が花染め
  • 関東
  • もと
  • 一竹
  • 京友禅
  • 人物画
  • 値段
  • 入門
  • 全焼
  • 再現
  • 前半
  • 千代田区
  • 商品
  • 商売
  • 室町時代
  • 小林清
  • 工芸家
  • 後半
  • 復刻
  • 息子
  • 手間
  • 技法
  • 技術
  • 日本
  • 日本画
  • 模倣
  • 没頭
  • 父親
  • 現代
  • 画家
  • 発明
  • 確立
  • 自分
  • 装飾
  • 評価
  • 辻が花
  • 過去
  • 道楽
  • 骨董
  • 魅了