生年月日データベース

佐藤允彦さとうまさひこ

作曲家、ジャズピアニスト[日本]

1941年 10月6日 生 (満77歳)

佐藤 允彦(さとう まさひこ、1941年10月6日 - )は、ジャズピアニスト、作曲家。
東京出身。
幼稚舎から慶應義塾に学び、慶應義塾大学経済学部卒業。
元妻は、作家の中山千夏(1971年結婚、1978年離婚)。
慶應義塾大学アート・センター訪問所員。
ジャズ・ピアニスト 1966年から1968年までアメリカ合衆国ボストン市のバークリー音楽院(現バークリー音楽大学)に留学して作曲・編曲を学ぶ。
1969年、帰国後初のリーダー・アルバム『パラジウム』でスウィング・ジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞。
1970年、ビッグバンドのための作品『四つのジャズコンポジション』で芸術祭優秀賞を受賞。
1971年、ドイツのピアニストのウォルフガング・ダウナーと「佐藤允彦&ウォルフガング・ダウナー」名義で『ピアノロジー』をリリース。
1971年、チャールス・ミンガスのアルバム『Charles Mingus With Orchestra』(Denon / 日本 コロムビア)の録音に参加した。

映像作品

関連書籍

音楽作品

さとう-まさひこ 1941-昭和後期-平成時代のジャズピアニスト。昭和16年10月6日生まれ。慶大在学中からジョージ川口カルテットに参加。昭和41年アメリカのバークリー音楽学校に留学。帰国後荒川康男,富樫雅彦とトリオESSGを結成,44年初のアルバム「パラジウム」で「スイングジャーナル」誌の日本ジャズ賞を受賞。ソロや作曲,編曲も手がける。海外でのジャズ祭やコンサートツアーでも活躍。東京出身。 (引用元 コトバンク)