生年月日データベース

佐藤忠男さとうただお

映画評論家[日本]

1930年 10月6日 生 (満88歳)

佐藤 忠男(さとう ただお、1930年10月6日 - )は、日本の映画評論家・教育評論家。
日本映画大学学長。
来歴・人物 新潟県新潟市出身。
新潟市立工業高等学校(現在、新潟市立高志高等学校)卒業。
予科練出身。
新潟在住のまま、国鉄、電電公社等へ勤務。
『映画評論』の読書投稿欄に映画評を盛んに投稿。
また、1954年に『思想の科学』に大衆映画論「任侠について」を投稿し、鶴見俊輔の絶賛をうける。
1956年刊行の初の著書『日本の映画』でキネマ旬報賞を受賞。
その後、上京して『映画評論』『思想の科学』の編集にかかわりながら、評論活動を行う。
さらに、1973年から、妻の佐藤久子と共同で個人雑誌『映画史研究』を編集・発行。
他に日本映画学校校長(1996年~2011年)などをつとめ、現在は日本映画大学学長(2011年~)。
1996年に紫綬褒章を受章。
その他に、勲四等旭日小綬章、芸術選奨文部大臣賞、韓国王冠文化勲章(韓国)、レジオンドヌール勲章シュヴァリエ、芸術文化勲章シュヴァリエ(フランス)等を受賞。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

さとう-ただお 1930-昭和後期-平成時代の映画評論家。昭和5年10月6日生まれ。昭和29年「思想の科学」に発表した「任侠について」で注目された。「映画評論」「思想の科学」の編集長をへてフリー。演劇,芸能,教育の分野でも評論活動をおこなっている。平成8年日本映画学校長。同年芸術選奨。22年国際交流基金賞(文化芸術交流部門)。新潟県出身。新潟市立工卒。著作に「権利としての教育」「日本映画史」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 新潟
  • 学校
  • 市立
  • 日本
  • 高志
  • 高等
  • キネマ
  • 共編
  • 出身
  • 大学
  • 思想
  • 投稿
  • 新潟市
  • 新潟県
  • 旬報
  • 科学
  • 翻訳
  • 著作
  • 評論
  • 鶴見俊輔
  • まま
  • 上京
  • 予科
  • 予科練
  • 任侠
  • 公社
  • 刊行
  • 勤務
  • 卒業
  • 受賞
  • 名誉
  • 国有
  • 国鉄
  • 在住
  • 大衆
  • 学長
  • 工業高
  • 忠男
  • 投稿欄
  • 日本電信電話
  • 映画評
  • 本名
  • 海軍
  • 現在
  • 絶賛
  • 練習
  • 著書
  • 読書
  • 鉄道
  • 雑誌
  • 電電公社
  • 飛行
  • 飯利