生年月日データベース

榎本武揚えのもとたけあき

幕臣、政治家海軍中将、子爵[日本]

(天保7年8月25日生)

1836年 10月5日

1908年 10月26日 死去享年73歳
榎本武揚 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

1836年(天保7年)〜1908年(明治41年) 幕末の海軍副総裁。明治の政治家。榎本釜次郎。旗本・榎本円(圓)兵衛武規の次男。 1855年より長崎海軍伝習所に学び、1863年より幕府留学生としてオランダで研鑚を積む*1。 1867年帰国。 江戸開城後、旧幕府の艦隊を率いて蝦夷地(北海道)箱館*2に上陸。戊辰戦争の最後の戦いである「箱館戦争」を戦った。 1869(明治2)年、新政府軍に降伏。 後、特赦により赦免され、明治政府に出仕。北海道開拓に尽力。また、ロシア公使や、逓信、外務、文部の各大臣を歴任した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 海軍
  • 戦争
  • 幕府
  • 幕臣
  • オランダ
  • 中将
  • 井黒
  • 伊能忠敬
  • 伝習
  • 共和国
  • 勲一等
  • 化学者
  • 合田一道
  • 外交官
  • 子爵
  • 学問所
  • 弥太郎
  • 戊辰
  • 政治家
  • 日本
  • 昌平
  • 本武
  • 武士
  • 箱館
  • 蝦夷
  • 蝦夷地
  • 通称
  • 長崎
  • 陽丸
  • ぶよ
  • りょうせん
  • 仮名
  • 分解
  • 占領
  • 変名
  • 夏木
  • 大日本
  • 大綬章
  • 帝国
  • 帰国
  • 弟子
  • 指揮官
  • 故実
  • 旧幕府
  • 旭日
  • 有職
  • 桐花
  • 梁川
  • 次男
  • 武揚
  • 留学
  • 発注
  • 箱田
  • 総裁
  • 良助
  • 金八
  • 釜次郎
  • 雅号