生年月日データベース

大谷未央おおたにみお

女子サッカー選手、監督[日本]

1979年 5月5日 生 (満40歳)

大谷 未央(おおたに みお、1979年5月5日 - )は、滋賀県甲賀市出身の元女子サッカー選手、サッカー指導者。
現役時代のポジションはフォワード。
比較的小柄な選手だが、2003 FIFA女子ワールドカップ・アルゼンチン戦ではハットトリックを決め、またL・リーグでは3年連続を含む4度の得点女王にもなるなど、なでしこジャパンのゴールハンターとして知られる。
アテネオリンピックでは緒戦のスウェーデン戦で荒川恵理子のゴールをアシストした。
2005年7月10日、日本の女子サッカーリーグ史上最速となる114試合目での通算100ゴールを達成した。
2008年限りで11年間所属したTASAKIペルーレFCが休部することになったのに伴い現役を引退し、京都精華女子中学校・高等学校サッカー部コーチを務める。
同学校にて夏に外部へ向けてのサッカースクールも開催した。
2012年よりセレッソ大阪のサッカースクールコーチに就任した。
2013年度より大阪学芸高等学校女子サッカー部コーチに就任。
日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ【関西女子担当】U-13日本女子選抜チームコーチも兼任している。

元女子サッカー選手、指導者。現役時代のポジションはフォワード。 1979年5月5日生まれ。滋賀県出身。A型。 日本女子サッカーリーグで3年連続を含む4回の得点王に輝いたストライカー。 サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)には2000年に代表デビュー。2004年アテネオリンピック、2003年・2007年FIFA女子ワールドカップに出場した。 (引用元 Hatena Keyword)