生年月日データベース

大内延介おおうちのぶゆき

将棋棋士[日本]

1941年 10月2日

2017年 6月23日 死去享年77歳

大内 延介(おおうち のぶゆき、1941年10月2日 - )は、将棋棋士。
2010年、引退。
土居市太郎名誉名人門下。
棋士番号は86。
東京都港区出身。
中央大学卒業。
棋歴 小学4年生のとき、将棋道場で二枚落ちで3連敗し、それがきっかけで将棋にのめりこむ。
小学6年生の頃には、将棋の駒の名産地として知られる山形県天童市にて、1ヶ月間、将棋修行をする。
1954年、土居市太郎名誉名人の最後の弟子として入門。
1963年4月1日の四段昇段(プロ入り)は、米長邦雄と同期である。
1963年のプロデビュー直後、初参加の順位戦から2期連続昇級。
1967年、第8期王位戦にて大山康晴への挑戦権を得、タイトル戦初登場。
六段の挑戦者は当時史上初で、七番勝負は1勝4敗で敗退した。
穴熊戦法を駆使し、1975年には第34期名人戦で中原誠に挑戦するまでに至った。
二人は対比的に、“中原は王道、大内は覇道”と表現された。
この名人戦で大内は中原と互角に戦い、3勝3敗でフルセットとなる(このほか千日手も1局あった)。

関連書籍

DMMメディア

おおうち-のぶゆき 1941-昭和後期-平成時代の将棋棋士。昭和16年10月2日生まれ。昭和29年土居市太郎に入門。38年4段,47年A級入り。50年の名人戦で中原誠に挑戦,最終局のミスで名人位をのがす。51年第1期棋王。59年9段。61年全日本プロトーナメント優勝。平成5年日本将棋連盟専務理事。将棋のルーツをたずねて世界各地をあるき,「将棋の来た道」をあらわす。東京出身。中央大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 将棋
  • 棋士
  • 東京都
  • クラス
  • タイトル
  • 一般
  • 不祥事
  • 中央大学
  • 優勝
  • 土居市太郎
  • 在籍
  • 大賞
  • 履歴
  • 成績
  • 昇段
  • 普及
  • 棋戦
  • 棋歴
  • 棋風
  • 注釈
  • 活動
  • 港区
  • 獲得
  • 番号
  • 著書
  • 表彰
  • 出身
  • 卒業
  • 名人
  • 名誉
  • 門下