生年月日データベース

小野伸二おのしんじ

男子サッカー選手[日本]

1979年 9月27日 生 (満39歳)

小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日 - )は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。
ポジションはミッドフィールダー(MF)。
J2リーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。
元日本代表。
FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝、日韓ワールドカップGL1位通過、UEFAカップ優勝を達成してアジア年間最優秀選手賞を受賞。
FIFA世界大会、UEFAクラブ国際大会のすべてに出場した唯一の日本人選手である。
幼少期から高校時代 小学生時代から「天才」と呼ばれ地元では名前を知られていた。
10人兄弟の内で5番目の子で、母子家庭で育ち小学校時代は家庭が貧しく、サッカー少年団にも入っていなかったが、小野が一人でサッカーをしているのを見た少年団の監督から「お金はいらないからぜひ入ってくれ」と勧誘された。
1993年に13歳でU-16日本代表に初選出され、以降も各年代の代表チームの中心選手として活躍した。
1994年には第6回U-16アジアユース選手権で優勝し、1995年にはFIFA U-17世界選手権大会に出場している。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。 1979年9月27日生まれ。静岡県沼津市出身。身長175cm、体重74kg。 小野正朋は実弟。 日本サッカーを代表する優れた人材の1人。「攻撃と守備のバランスを保つ」仕事をさせたら日本最高の人材なのではないか。デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンをして「シンジは最高のパスをくれる」と絶賛させた優雅なパスは「ベルベットパス」とフェイエノールトのファンから呼ばれるまでの精度を誇る。自らゴールをも奪い取れるし、試合全体の局面を見渡す大きな視点を持ち、相手のチャンスを潰すといったプレーもできる。精度の高いフリーキックも蹴れるし、「サーカスみたいなプレーをする」と当時のフェイエノールトの監督から批判されて封印気味なワンタッチプレーもできるだろう。万能といってしまえばそれまでだが、一つ一つのプレーレベルが高い。 高原直泰、稲本潤一、小笠原満男らと共に黄金世代の代表格の選手で、世代別の日本代表の常連だった。1999年FIFAワールドユース選手権では準優勝を成し遂げている。1998年に18歳の若さでサッカー日本代表(A代表)デビュー、FIFAワールドカップには1998年・2002年・2006年の3大会に出場した。 若くしてW杯に出場した彼は輝ける星だが、暗雲が立ち込めた時期もあった。ある格下の国の選手から悪質なタックルを受け、膝に大怪我を負ってしまったのである。怪我は深刻であり、思うように治療は進まず、輝きは消えうせたかに見えた。フィリップ・トルシエから「彼は前園の道を歩きつつある」とまで評された。しかし彼は逆境を跳ね返し、オランダに …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 浦和レッズ
  • プロ
  • ワールドカップ
  • 日本
  • 選手
  • アジア
  • カップ
  • コンサドーレ札幌
  • コンフェデレーションズカップ
  • サッカー
  • フェイエノールト
  • ボーフム
  • ミッドフィールダー
  • リーグ
  • 代表
  • 優秀
  • 北海道
  • 大会
  • 年間
  • 準優勝
  • すべて
  • クラブ
  • ション
  • ユース
  • ワールド
  • 世界
  • 優勝
  • 出場
  • 受賞
  • 唯一
  • 国際
  • 所属
  • 日本人
  • 日韓
  • 清水
  • 清水エスパルス
  • 通過