生年月日データベース

内藤湖南ないとうこなん

歴史学者・東洋史[日本]

(慶応2年7月18日生)

1866年 8月27日

1934年 6月26日 死去享年69歳
内藤湖南 - ウィキペディアより引用

内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日(慶応2年7月18日) - 1934年(昭和9年)6月26日)は日本の東洋史学者。
名は虎次郎。
字は炳卿(へいけい)。
湖南は号。
別号に黒頭尊者。
白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国に於ける時代区分論争などで学会を二分した。
生涯 上京まで 1866年 (慶応年間)陸奥国毛馬内村(けまないむら、現・秋田県鹿角市)にて、南部藩士・内藤調一(1832年 - 1908年。
号は十湾)と容子の次男として生まれる。
父・十湾は折衷学派に属していた。
13歳時で頼山陽『日本外史』を通読したという。
1884年(明治17年) 秋田師範学校を卒業して、綴子(つづれこ)小学校の主席訓導(実質的には校長)となる。
1887年(明治20年)に上京する。
京都帝国大学教授就任まで 1887年(明治20年) 仏教雑誌「明教新誌」の記者(主管は大内青巒)。
(その後「三河新聞」や雑誌「日本人」、「大阪朝日新聞」、「台湾日報」、「万朝報」などの編集で名を馳せた。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

東洋学者。秋田県生。名は虎次郎、湖南は号。初め新聞記者となり、中国問題第一人者として活躍する。訪中六回、羅振玉・王国維ら清末の学者、熊希齢ら民国の政治家と交わる。のち京大教授となり、狩野君山と共に東洋史の〈京都学派〉を育てた。中国学及び東洋史学の権威者である。学士院会員・東方文化学院評議員。著書に『支那絵画史』『日本文化史研究』等がある。昭和9年(1934)歿、69才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 邪馬台国
  • 日本
  • 論争
  • 東洋
  • エピソード
  • ジャーナリスト
  • 上京
  • 京都
  • 全集
  • 区分
  • 変革
  • 大学
  • 学者
  • 学説
  • 帝国
  • 応仁
  • 意義
  • 戦前
  • 授章
  • 授賞
  • 昭和
  • 時代
  • 晩年
  • 栄典
  • 生涯
  • 畿内
  • 白鳥庫吉
  • けい
  • へい
  • 中国
  • 代表
  • 別号
  • 史学者
  • 学界
  • 尊者
  • 歴史家
  • 湖南
  • 称号
  • 虎次郎
  • 黒頭