生年月日データベース

中村泰広なかむらやすひろ

プロ野球選手[日本]

1978年 9月19日 生 (満40歳)

中村 泰広(なかむら やすひろ、1978年9月19日 - )は、奈良県橿原市出身の元プロ野球選手(投手)。
プロ入り前 小学校時代は「金橋ブラックキング」に所属。
小中学時代は、後にプロでチームメイトとなる関本健太郎と同級生だった。
郡山高校2年の時に第67回選抜大会に出場したが、初戦で熊本工業高校に1-4で敗れた。
このとき先発した中村を5回から救援したのは、エース争いをしていた同学年の右腕・宮越徹だった。
宮越がその後故障してほとんど登板できなかったため、中村が最後はエースとしてチームを引っ張ったが、3年夏の奈良県大会決勝で関本を擁する天理高校と対戦して1-0で敗れ、ついに甲子園には戻れずに終わった。
この試合で中村は最後の打者だった。
しかし3年夏の県予選では、2回戦で奈良県大会記録の19奪三振を奪った。
慶應義塾大学では1年生の時から登板。
140 km/h前後のストレートとスライダーを武器に東京六大学通算43試合で11勝11敗、防御率1.91, 215奪三振の記録を残し、4年生の時に明治神宮大会優勝を達成した。

プロ野球選手(投手)。背番号は13→19。 1978年9月19日生まれ。奈良県橿原市出身。174cm75kg。左投左打。 郡山高ー慶応大ー日本IBM野洲→阪神タイガース(2002年ドラフト4巡目)→北海道日本ハムファイターズ(トレード) 郡山高2年のセンバツは初戦敗退。慶応大では山本省吾(現・オリックス)と同期で4年時の明治神宮大会優勝。 社会人では02年岡山大会でMVPに輝き都市対抗にも補強で出場。 2007年オフ、金村曉との交換トレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍。 2008年は活躍を見せる機会に恵まれず、一軍での登板はほとんどなかった。 10月2日をもって、戦力外通告を受けることとなった。 (引用元 Hatena Keyword)