生年月日データベース

アナスタシアAnastacia Lyn Newkirk

歌手[アメリカ]

1973年 9月17日 生 (満45歳)

アナスタシア(ギリシア語: Αναστασία、ロシア語: Анастасия、ラテン文字表記: Anastasia)は、ヨーロッパ語にみられる女性名。
愛称はナーシャ(ロシア語: На́ся)、ナースチャ(ロシア語: На́стя)。
原義はギリシア語で「目覚めた/復活した女」。
ギリシャ人の男性形はアナスタシオス。
日本人正教徒にもこの聖名を持つ女性がいる。
稀に姓としての例があり、この場合は男性にも用いられることがある。
女性名 大アナスタシア - 4世紀の伝説的なキリスト教殉教者。
アナスタシア (歌手) - アメリカ合衆国の歌手(綴りはAnastacia)。
アナスタシア・ロマノヴナ - ロシア皇帝イヴァン4世(雷帝)の最初の妃。
アナスタシア・ミハイロヴナ - ロシア帝国の皇族。
ニコライ1世の孫。
アナスタシア・ニコラエヴナ (1868-1935) - モンテネグロ王国王女。
ロイヒテンベルク公ゲオルギー妃、のちロシア大公ニコライ・ニコラエヴィチ妃。
アナスタシア・ニコラエヴナ - ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世の第4皇女。

映像作品

関連書籍

音楽作品

ロシア・オデッサに生まれる。6歳でヴァイオリンを始め、8歳で高名なヴァイオリン教授イリーナ・ボチコーワに師事、モスクワ中央音楽学校を経て1996年モスクワ音楽院、1998年同音楽院大学院を終了。この間1989年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール入賞、1991年ユベントス国際音楽祭入賞、1992年R.リピツァー国際コンクール優勝等。1994年チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門最高位を獲得、以来活発な演奏活動を開始し、ロシア国内はもとより、ヨーロッパやアメリカなど世界各地に招かれる。モスクワ音楽院大ホール、ロイヤル・アルバートホール、ベルリン・ベートーヴェンホール、ウィーン・コンツェルトハウス、オーストリア・ブルックナーハウス等に登場、ラジオやTVへの出演も多い。これまでにもフェドセーエフ指揮チャイコフスキー交響楽団(旧モスクワ放送交響楽団)、テミルカーノフ指揮St.ペテルブルグ・フィルハーモニー管弦楽団等と共演。モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団のソリストとしても活躍している。 1999年よりモスクワ音楽院のアシスタント・プロフェッサー、また2000年から、くらしき作陽大学音楽学部モスクワ音楽院特別演奏コース特任教授として招かれ、倉敷市在住。日本国内では1999年明治乳業AYA「ブリュレ」編のCM音楽を演奏、また東京オペラシティコンサートホールではクリスマス・リサイタルを定期的に開催。レコーディングは「カルメン幻想曲」に続き、キング・レコードから「モスクワ想い出」をリリース。また最新アルバム「情熱のアンダルーサ」は3週連続チャート入りを果た …… (引用元 Hatena Keyword)