生年月日データベース

赤塚不二夫あかつかふじお

漫画[日本(満州)]

1935年 9月14日

2008年 8月2日 死去肺炎享年74歳
赤塚不二夫 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

あかつかふじお [生]1935.9.14.満州,奉天[没]2008.8.2.東京,文京区まんが家。本名赤塚藤雄。満州で生まれ,第2次世界大戦後に当地から引き揚げ,奈良県,新潟県で育つ。新潟県内の中学校を卒業して上京,働きながらまんがの修行を始めた。1956年『嵐をこえて』でデビュー。1962年六つ子を主人公にした『おそ松くん』が爆発的人気を得,まんが家としての地位を確立する。以後,『天才バカボン』(1967),『もーれつア太郎』(1967)などの代表作を次々と発表,ギャグまんが家として活躍した。作品から誕生した「シェー」「これでいいのだ」「ニャロメ」は流行語となった。ほかに『ひみつのアッコちゃん』『レッツラゴン』など。著書に自伝『笑わずに生きるなんて』(1984)などがある。1965年小学館漫画賞,1997年日本漫画家協会文部大臣賞,1998年紫綬褒章を受けた。(→まんが) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 漫画
  • ギャグ
  • 漫画家
  • おそ松
  • つげ義春
  • ひみつ
  • もーれつ
  • アッコ
  • ア太郎
  • ゲリラ
  • トキワ
  • バカボン
  • ヒット
  • レッツラゴン
  • ロスト
  • ワールド
  • 作品
  • 出版
  • 天才
  • 手塚治虫
  • 日本
  • 貸本
  • ショック
  • デビュー
  • ヒット作
  • ブルーカラー
  • 一連
  • 上京
  • 上梓
  • 人気
  • 代表作
  • 以後
  • 作家
  • 修業
  • 入居
  • 小学
  • 工員
  • 年下
  • 戦後
  • 推薦
  • 東京
  • 王様
  • 生涯
  • 発表
  • 石ノ森章太郎
  • 石森
  • 章太郎
  • 舞台
  • 赤塚
  • 連載
  • 長期
  • 雑誌