生年月日データベース

加藤良三かとうりょうぞう

外交官[日本]

1941年 9月13日 生 (満77歳)

加藤良三 - ウィキペディアより引用

加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。
埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。
来歴・人物 成蹊高等学校を経て東京大学法学部を卒業。
1965年(昭和40年)に外務省入省。
イェール大学で英語研修。
アメリカンスクール(英語研修組)のエースとして早くから嘱望されていた。
1995年(平成7年)、北朝鮮外交に対応するため、加藤がアジア局長に、同期でアメリカンスクールの折田正樹が北米局長に任命された。
総合外交政策局長、外務審議官(政治担当)などを歴任し、2001年(平成13年)10月に駐米大使に任命される。
加藤は入省直後から4回の在米勤務経験があり、外務省有数のアメリカ通としてリチャード・アーミテージなど共和党系を中心に豊富な人脈を有していた。
駐米大使としては戦後最長となる6年半にわたる任期を務め上げ、日米関係の発展に尽力した。
アメリカのシンクタンクは加藤の功績を称えて「加藤良三記念賞」を創設した。

関連書籍

外交官、プロ野球コミッショナー。1941年9月13日、埼玉県生まれ、秋田県出身。東京大学法学部を卒業後の65年、外務省に入省。同年、イェール大学に英語研修のため派遣される。条約局調査官・北米局安全保障課長(81年)、大臣官房総務課長(90年)、アジア局長(95年)などを歴任し、2001年には駐米特命全権大使に任命される。08年に退任し、三菱商事特別顧問となる。同年7月、日本野球機構のコミッショナーに就任した。09年、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の終了後、日本のプロ野球でもWBCで用いられる米国のボールに規格を合わせるべきだとの見解を発表。11年シーズンより「統一球」が用いられるようになった。結果、本塁打数が激減したことが問題となり、さらに第3回WBCへの参加を巡り選手会と対立。13年6月には、統一球の規格を変更していた問題につき自らの関与を否定したが、同年9月19日、統一球問題の責任を取って同季のシーズン終了後に辞任する意向を表明した。 (2013-9-24) (引用元 コトバンク)