生年月日データベース

安藤忠雄あんどうただお

建築家[日本]

1941年 9月13日 生 (満77歳)

安藤忠雄 - ウィキペディアより引用

安藤 忠雄(あんどう ただお、1941年(昭和16年)9月13日 - )は、日本の建築家。
一級建築士(登録番号第79912号)。
東京大学名誉教授。
21世紀臨調特別顧問、東日本大震災復興構想会議議長代理、大阪府・大阪市特別顧問。
大阪府大阪市港区生まれ、同市旭区出身。
双子の兄で、さらに弟がいる三人兄弟である。
双子の弟は東京で北山創造研究所(都市コンサルタント業/商品デザイン業)を主宰している北山孝雄。
下の弟は建築家の北山孝二郎(ピーター・アイゼンマンとのコラボレーションで名を馳せた)。
一人娘だった母親の実家を継ぐために、生前からの約束にしたがって大阪市旭区の祖父母安藤彦一・キクエの養子となる。
大阪の下町にある間口2間、奥行き8間の長屋で育つ。
大阪府立城東工業高等学校卒業後に、前衛的な美術を志向する具体美術協会に興味を持ち、関わったこともあるが、大学での専門的な建築教育は受けておらず、関西の建築家・都市計画家の水谷頴介などの建築設計事務所でのアルバイト経験と独学で建築士試験に合格したという。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

あんどうただお [生]1941.9.13.大阪建築家。大阪府立城東工業高校卒業。高校時代にプロボクサーの資格を得,海外試合を経験した経歴をもつ。独学で建築を学び,1969年安藤忠雄建築研究所を設立。最初の作品,大阪,住吉の長屋をコンクリート打放しで1個の箱形住宅に改築した住吉の長屋(1976)で日本建築学会賞を受賞。自然と建築の調和を追求する作風で知られる。91年ニューヨーク近代美術館MOMAで日本人初の個展が開催された。代表作に六甲の集合住宅(83),TIMES(83~93),水の教会(1988),光の教会(89),セビリア万国博覧会日本政府館(92),サントリーミュージアム天保山(94),ユネスコ瞑想の空間(95)などがある。フィンランド建築協会のアルバ・アールト賞(1985),フランス建築アカデミー賞(89),プリツカー建築賞(95)ほか受賞多数。エール大学,ハーバード大学の客員教授を歴任。97年,東京大学教授に就任した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 五輪
  • 会議
  • 顧問
  • エピソード
  • コンペ
  • 交友
  • 交流
  • 企業
  • 会見
  • 作品
  • 前段階
  • 受賞
  • 団体
  • 大阪市
  • 大震災
  • 審査
  • 年表
  • 復興
  • 政党
  • 教授
  • 新国立競技場
  • 東京大学
  • 東日本
  • 栄典
  • 栄誉
  • 構想
  • 活動
  • 社会
  • 関係者
  • 関連
  • 代理
  • 国民
  • 大阪府
  • 日本
  • 臨調
  • 議長