生年月日データベース

小堀桂一郎こぼりけいいちろう

評論家[日本]

1933年 9月13日 生 (満85歳)

小堀 桂一郎(こぼり けいいちろう、1933年9月13日 - )は、日本の文学者。
東京大学・明星大学名誉教授。
専攻はドイツ文学、比較文学、比較文化、日本思想史。
東京出身。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテやフーゴ・フォン・ホーフマンスタールなどのドイツ文学研究から出発し、日本における独文学受容史などにも手を広げた。
ドイツ時代の森鴎外の研究をはじめとした鴎外研究を行い、フランツ・シューベルトの歌曲の歌詞対訳なども手がける。
歴史教科書問題などが顕在化した1980年代初頭より歴史認識問題などへの発言を開始し、著名な論客の一人となる。
東京裁判(極東国際軍事裁判)史観を批判しているほか、1990年代前半には林健太郎との歴史認識論争を「正論」で展開した。
政治活動にも積極的に関与し、「日本文化会議」(1968年 - 1994年)や、「日本会議」副会長、「教科書正常化国民会議」の設立発起人などの立場で政治運動に参与している。

関連書籍

DMMメディア

こぼり-けいいちろう 1933-昭和後期-平成時代のドイツ文学者,比較文学者。昭和8年9月13日生まれ。小堀鞆音(ともと)の孫。昭和44年東大教授。平成6年明星大教授。昭和44年ドイツ時代の森鴎外をえがいた「若き日の森鴎外」で読売文学賞。ほかに「「ファウスト」研究」(34年日本ゲーテ賞),「宰相鈴木貫太郎」(58年大宅壮一ノンフィクション賞)がある。東京出身。東大卒,フランクフルト大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 比較
  • ドイツ
  • 共編
  • 共著
  • 単著
  • 受賞歴
  • 名誉教授
  • 専攻
  • 日本
  • 編著
  • 著書
  • 訳書
  • 哲学
  • 思想
  • 文化
  • 明星大学