生年月日データベース

海老原喜之助えびはらきのすけ

画家[日本]

1904年 9月13日

1970年 9月19日 死去享年67歳

■ 関連書籍

洋画家。鹿児島県生。川端画学校で学んだ後、渡仏。中川紀元の紹介で藤田嗣治に師事した。昭和2年パリでカンピーリ、ジャコメッティと三人展を開催、ニューヨークでも二度個展を開いた。この頃の青と白の雪景シリーズは「エビハラの青」として高く評価されている。戦後は熊本に住し、海老原美術研究所を設立。独立美術協会会員。日本国際美術展連続受賞。昭和45年(1970)歿、66才。 (引用元 コトバンク)

「海老原喜之助」と関連する人物

連想語句
  • 美術館
  • 作品
  • 鹿児島県
  • パリ
  • フランス
  • 作風
  • 児玉
  • 受賞歴
  • 大正
  • 市立
  • 昭和
  • 画集
  • 絵画
  • 関連
  • 鹿児島
  • 鹿児島市
  • ウマ
  • エビ
  • ハラ
  • ブルー
  • モチーフ
  • 出身
  • 制作
  • 収蔵
  • 各地
  • 多数
  • 多用
  • 客死
  • 日本
  • 末期
  • 活躍
  • 色彩
  • 郷里