生年月日データベース

デニス・リッチーDennis Ritchie

コンピューター工学者[アメリカ]

1941年 9月9日 生 (満77歳)

デニス・リッチー - ウィキペディアより引用

デニス・マカリスター・リッチー(Dennis MacAlistair Ritchie、1941年9月9日 - 2011年10月12日)は、アメリカ合衆国の計算機科学者。
コンピュータ言語のC言語を開発し、ケン・トンプソンと共にオペレーティングシステム(OS)であるUNIX、Multicsなどの開発者として知られる。
トンプソンと共にACMチューリング賞 (1983)、IEEEハミングメダル (1990)、アメリカ国家技術賞 (1999) を受賞。
2007年に引退するまで、ルーセント・テクノロジーズのシステムソフトウェア研究部門を指揮していた。
技術的なコミュニティの中では、彼を指して "dmr"(ベル研究所におけるアカウント名)と呼ぶことがある。
若年期 1941年9月9日、ニューヨークブロンクヒルに生まれる。
父親のアリステア・E・リッチーはベル研究所の研究者で、スイッチング回路理論に関する共著書 The Design of Switching Circuits がある。

C言語の開発者で、UNIXの共同開発者。1941年生まれ。ハーバード大学を卒業後、AT&Tベル研究所に所属。ベル研究所で産学一体のMULTICSプロジェクトにかかわり、コンパイラーの開発を行っていた。MULTICSプロジェクトが中止になると、ケン・トンプソン氏が行っていたUNIXの開発に協力する。このとき、BCPL言語を単純化したB言語を開発し、UNIXを開発する上での標準言語とした。その後、開発者の意見を取り入れてB言語を改良し、C言語を開発する。1974年にUNIXがC言語に書き換えられると、移植性の優れたOSとして広く受け入れられた。また、C言語は、今日ではパソコン、汎用コンピューター、スーパーコンピューターなど、多くのコンピューターの主要言語としての地位を確立し、C++やJAVAを生み出した。1983年、ケン・トンプソン氏とともにチューリング賞を受賞している。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • システム
  • 言語
  • オペレーティング
  • ケン
  • ソフトウェア
  • テクノロジーズ
  • トンプソン
  • ルーセント
  • 受賞歴
  • 年期
  • 影響
  • 後世
  • 著書
  • 計算機
  • 関連
  • アカウント
  • アメリカ
  • コミュニティ
  • コンピュータ
  • ベル
  • 合衆国
  • 引退
  • 指揮
  • 研究所
  • 科学
  • 科学者
  • 部門
  • 開発
  • 開発者