生年月日データベース

山下敬吾やましたけいご

囲碁棋士[日本]

1978年 9月6日 生 (満40歳)

山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 - )は、日本棋院所属のプロ棋士。
北海道旭川市出身。
緑星囲碁学園出身。
棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。
雅号は「道吾(どうわ)」。
張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。
3大タイトル獲得数歴代6位タイ、棋聖位獲得数歴代4位。
棋道賞最優秀棋士賞を2度・優秀棋士賞を6度受賞。
棋風 深い読みに裏打ちされた好戦的な棋風で、接近戦を得意とする。
かつては初手天元、5の五など意欲的な手を打つことも多く、特に2000年の碁聖戦では、挑戦者決定トーナメントから挑戦手合五番勝負まで5の五を多用して注目を集めた。
その後トーナメント上位での対局が増えてからは、そのような大胆な布石はあまり見られなくなった。
高校の数学教師の囲碁愛好家の父より、兄(1988年に少年少女囲碁大会小学生の部で優勝を経験・元院生)と共に囲碁を習い、碁会所などで腕を磨く。

関連書籍

DMMメディア

やました-けいご 1978-平成時代の囲碁棋士。昭和53年9月6日生まれ。昭和61年小学2年生で全国少年少女囲碁大会優勝(最年少記録),翌年菊池康郎門にはいる。平成元年日本棋院院生となり,5年入段。日本棋院東京本院所属。10年新人王戦優勝(13年まで4連覇)。12年碁聖戦で小林光一をやぶり初のビッグタイトルを獲得。15年棋聖位獲得で9段に昇格した。16年天元位を獲得。同年入段から10年11ヵ月の史上最速で500勝を達成した。18年棋聖位に復位,王座を獲得。21年棋聖戦を4連覇。同年張栩(ちょう-う)を破り天元位に復位した。22年第65期本因坊となる。23年井山裕太より名人位を勝ち取り,名人本因坊となる。北海道出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 囲碁
  • 記録
  • タイトル
  • 獲得
  • 棋士
  • 棋戦
  • 四天王
  • 棋聖
  • 優勝
  • 優秀
  • 出身
  • 北海道
  • 名人
  • 学園
  • 平成
  • 張栩
  • 旭川市
  • 本因坊
  • 棋道
  • 棋風
  • 歴代
  • 決勝
  • 直樹
  • 結果
  • 羽根
  • 進出
  • 達成
  • 雅号
  • 高尾紳路
  • タイ
  • 受賞
  • 在位
  • 棋聖位
  • 若手
  • 道吾