生年月日データベース

大島理森おおしまただもり

政治家[日本]

1946年 9月6日 生 (満72歳)

大島 理森(おおしま ただもり、1946年9月6日 - )は、日本の政治家。
自由民主党所属の衆議院議員(11期)、衆議院議長(第76代)、尾崎行雄記念財団会長、自由民主党青森県支部連合会前会長、番町政策研究所前会長。
青森県議会議員(2期)、国務大臣環境庁長官(第32代)、文部大臣(第128代)、科学技術庁長官(第61代)、農林水産大臣(第34代)、自由民主党幹事長(第44代)、自由民主党副総裁(第12代)などを歴任した。
来歴・人物 生い立ち 青森県八戸市尻内町出身。
衆議院議員などを歴任した夏堀源三郎は叔父にあたる。
八戸市立三条小学校、八戸市立三条中学校、青森県立八戸高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科を卒業し、法学士を持つ。
大学卒業後は、毎日新聞社に勤務した。
政界入り 青森県議会議員を経て1983年の第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以降11回連続当選。
新聞社出身としてスパイ防止法案に反対するなど当初はハト派的政策に明るかったものの、一方で真情による気配りの政治家として知られる。

関連書籍

おおしま-ただもり 1946-昭和後期-平成時代の政治家。昭和21年9月6日生まれ。昭和45年毎日新聞社入社。青森県議会議員をへて,58年衆議院議員に初当選(当選11回,自民党)。党の宣伝局長,副幹事長などをへて,平成7年村山改造内閣の環境庁長官で初入閣。12年第2次森内閣の文相・科学技術庁長官,14年第1次小泉第1次改造内閣の農水相。平成12-14年と19-21年党国会対策委員長を2度つとめた。21年総選挙で大敗し野党になった自民党の幹事長に就任。22年党副総裁。24年大島派(番町政策研究所)会長。26年衆議院予算委員長。27年第76代衆議院議長。青森県出身。慶大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 内閣
  • 議員
  • 長官
  • 自由民主党
  • 衆議院
  • 原子力
  • 委員会
  • 森内閣
  • たばこ
  • 国務
  • 委員長
  • 官房
  • 尾崎行雄
  • 幹事
  • 改造
  • 文部
  • 水産
  • 海部
  • 県議会
  • 科学技術庁
  • 総裁
  • 自民党
  • 議長
  • 農林
  • 連盟
  • 青森
  • 会長
  • 小泉内閣
  • 政務
  • 日本
  • 村山
  • 歴代
  • 歴任
  • 環境
  • 環境庁
  • 記念
  • 財団
  • 顧問