生年月日データベース

岩城宏之いわきひろゆき

指揮者[日本]

1932年 9月6日

2006年 6月13日 死去心不全享年75歳
岩城宏之 - ウィキペディアより引用

岩城 宏之(いわき ひろゆき、1932年9月6日 - 2006年6月13日)は、日本の指揮者・打楽器奏者。
指揮法を渡邉暁雄と齋藤秀雄に師事。
人物・生涯 東京府にて大蔵省専売局の官吏の第5子(末子)として生まれた。
小学校に入学して間もなく父の転任で京都に転居。
9歳で木琴を始める。
小学校4年の3学期で東京に戻る。
当時は病弱で、小学校5年と6年の2年間に10ヶ月間病欠し、骨膜炎で片脚切断の寸前まで行ったことがある。
1945年5月、旧制中学1年生のとき空襲で罹災したため親類を頼って金沢市に疎開。
2学期間、旧制金沢第一中学校(現・石川県立金沢泉丘高等学校)に学ぶ。
敗戦後、父の勤めの関係で岐阜県瑞浪に転居、ここで1年半を過ごし、旧制多治見中学校(現・岐阜県立多治見高等学校)に通学。
1947年、旧制東京都立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)の編入試験に失敗して学習院中等科に編入学。
学習院高等科2年の時、映画『オーケストラの少女』を観て感動し、音楽家を志すに至る。
同校在学中から放送局で木琴を独奏する。
1951年、学習院高等科を卒業。
東京大学独文学科への進学を志していたが第二次試験の前の晩に高熱を発して受験を断念。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

いわきひろゆき [生]1932.9.6.東京,東京[没]2006.6.13.東京指揮者,打楽器奏者。東京芸術大学器楽科在学中にNHK交響楽団の指揮研究員を経て副指揮者となり,1956年同交響楽団で指揮者デビュー,同団指揮者を経て1969年終身正指揮者。そのほか名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽総監督,札幌交響楽団音楽監督などを歴任。死去直前まで東京混声合唱団音楽監督,オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督,メルボルン交響楽団終身桂冠指揮者として,病をおして活動を続けた。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめヨーロッパ各地のオーケストラにも客演。エネルギッシュで情熱的な指揮表現で人気を集め,また「初演魔」と呼ばれるほど内外の現代音楽の紹介に力を入れ,日本の作曲界に大きな功績を残した。『フィルハーモニーの風景』などエッセーを中心に多数の著書がある。紫綬褒章受章,日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 小学校
  • 東京
  • エピソード
  • 事件
  • 京都
  • 大蔵省
  • 学期
  • 専売
  • 年譜
  • 拍手
  • 旧制
  • 暁雄
  • 木琴
  • 渡邉
  • 空襲
  • 義理
  • 著書
  • 金沢市
  • 骨膜炎
  • 齋藤秀雄
  • とき
  • 中学
  • 中学校
  • 入学
  • 切断
  • 官吏
  • 寸前
  • 師事
  • 当時
  • 末子
  • 片脚
  • 疎開
  • 病欠
  • 罹災
  • 親類
  • 転任
  • 転居
  • 金沢