生年月日データベース

三浦洸一みうらこういち

歌手[日本]

1928年 1月1日 生 (満91歳)

三浦 洸一(みうら こういち、1928年1月1日 - )は、日本の歌手。
本名は、桑田 利康(くわた としやす)。
神奈川県三浦市出身。
持ち歌は文芸を題材にして書かれた曲いわゆる「文芸歌謡」が多い。
歌唱法が実直であり、社歌や自治体制作の音頭など委託制作盤も多数吹き込んでいる。
血液型はA型。
神奈川県三浦市三崎地区の浄土真宗本願寺派最福寺の三男・第四子(四人兄弟の末っ子)として出生。
長兄は陸軍に入隊しビルマで戦死したため、次兄が住職を継ぐ。
その次兄も1993年に死去し、現在は甥(次兄の長男)が住職を務めている。
幼少期より厳格な祖父のもと、読経を学ぶ。
現在の三浦市立三崎小学校、私立横須賀商業学校卒。
横須賀商業学校卒業後は陸軍予備隊に入隊。
同時に神奈川県庁に入庁。
   東洋音楽学校(現:東京音楽大学)声楽科卒業後、1952年に日本ビクターレコードに入社。
作曲家の吉田正に師事する。
大学ではクラシックの声楽を学んでいた。
芸名は出身地の神奈川県三浦市にちなんで命名された。
1953年5月、『さすらいの恋唄』でデビュー、同年9月に出した『落葉しぐれ』が大ヒットとなり一躍注目を集めた。

関連書籍

  • タイトル
    軍歌 2
    著者
    発売元
    ビクターエンタテイメント
    ページ数
    発売日
    2010-01-01
    新品価格
    中古商品
    ¥ 50 より

音楽作品

歌手。1928年生まれ。 三浦洸一の芸名は生まれが神奈川県の三浦半島の三浦市から付けたもの。本名は桑田利康。 作曲家の吉田正の門下生。 1953年に「さすらいの恋歌」でデビュー。同じ年に「落葉しぐれ」で注目を集め、歯切れのいい伸びのある歌声で昭和30年代を代表する歌手のひとりになる。 代表曲に「街灯」「東京の人」「踊子」など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 三浦市
  • 文芸
  • グラフィー
  • シングル
  • ディスコ
  • 出場歴
  • 出演
  • 制作
  • 映画
  • 最福寺
  • 本願寺
  • 歌謡
  • 浄土真宗
  • 神奈川県
  • 紅白歌合戦
  • 関連
  • 三崎
  • 三男
  • 出身
  • 地区
  • 多数
  • 委託
  • 実直
  • 持ち歌
  • 歌唱法
  • 社歌
  • 自治体
  • 音頭
  • 題材