生年月日データベース

チェーティル・アンドレ・オーモットKjetil Andre Aamodt

アルペンスキー選手[ノルウェー]

1972年 9月2日 生 (満46歳)

チェーティル・アンドレ・オーモット - ウィキペディアより引用

チェーティル・アンドレ・オーモット(Kjetil André Aamodt、1971年9月2日 - )は、ノルウェー、オスロ出身の元アルペンスキー選手。
1990年代から2000年代に活躍しオリンピックと世界選手権で合わせて20個ものメダルを獲得した。
日本では「ケトル(ケティル)・アンドレ・オモット」と紹介されることもある。
1990年アルペンスキージュニア世界選手権で、滑降、スーパー大回転、複合の3冠を獲得し、同年アルペンスキー・ワールドカップにデビュー。
1991年、オーストリア・ザールバッハで行われたアルペンスキー世界選手権で、スーパー大回転2位となり注目を浴びた。
しかし、その後病気で低迷。
アルベールビルオリンピックの3ヶ月前まで入院し、11kg体重が落ちた。
しかし、2ヵ月後にトレーニングに戻り、その6週間後にアルベールビルオリンピックのスーパー大回転で優勝。
ノルウェーに40年ぶりのアルペンスキーのオリンピックメダルをもたらした。
また、大回転でも銅メダルを獲得した。
1993年の世界選手権盛岡雫石大会では、大回転と回転で優勝、複合で2位となり、この世界選手権でもっとも活躍した選手として記憶されている。

連想語句
  • アルペン
  • スキー
  • 世界選手権
  • オリンピック
  • スーパー
  • 回転
  • アルベールビル
  • ミスター
  • メダリスト
  • ワールドカップ
  • 滑降
  • 獲得
  • アンドレ
  • オモット
  • オーストリア
  • ケティル
  • ケトル
  • ザール
  • ジュニア
  • デビュー
  • トレーニング
  • バッハ
  • メダル
  • 低迷
  • 入院
  • 同年
  • 日本
  • 注目
  • 活躍
  • 病気
  • 紹介
  • 複合
  • 選手