生年月日データベース

なかにし礼なかにしれい

作詞家作家[日本(満州)]

1938年 9月2日 生 (満80歳)

なかにし 礼(なかにし れい、1938年9月2日 - )は、日本の小説家、作詞家。
本名は中西 禮三(なかにし れいぞう)。
満州国の牡丹江省牡丹江市(現在の中華人民共和国黒竜江省)に生まれる。
元は北海道小樽市に在住していた両親は、渡満して酒造業で成功を収めていた。
終戦後、満州からの引き揚げでは家族とともに何度も命の危険に遭遇、この体験は以後の活動に大きな影響を与えた。
8歳の時に小樽に戻るが、兄の事業の失敗などで小学校は東京と青森で育ち、中学から東京品川区大井町に落ち着く。
東京都立九段高等学校卒業後、一浪して1958年に立教大学文学部英文科に入学する。
中退と再入学と転科を経て、1965年に立教大学文学部仏文科を卒業する(立教仏文の第1期生)。
その後、東京に在住。
実兄は立大から学徒出陣として陸軍に入隊し、特別操縦見習士官として特攻隊に配属されたが終戦となった。
大学在学中、1963年に最初の妻と結婚する。
一女を儲けたが、1966年に別居、1968年には離婚が成立している。
元タカラジェンヌで、シャンソン歌手の深緑夏代に依頼されたことがきっかけで始めたシャンソンの訳詞を手がけていた頃、妻との新婚旅行中に静岡県下田市のホテルのバーで「太平洋ひとりぼっち」を撮影中の石原裕次郎と偶然出会い知遇を得る。

映像作品

関連書籍

  • タイトル
    夜の歌
    著者
    なかにし礼
    発売元
    毎日新聞出版
    ページ数
    448ページ
    発売日
    2016-12-02
    新品価格
    ¥ 2,484
    中古商品
    ¥ 2,045 より
  • タイトル
    生きるということ
    著者
    なかにし礼
    発売元
    毎日新聞出版
    ページ数
    264ページ
    発売日
    2015-06-23
    新品価格
    ¥ 1,728
    中古商品
    ¥ 774 より
  • タイトル
    兄弟 (文春文庫)
    著者
    なかにし礼
    発売元
    文藝春秋
    ページ数
    409ページ
    発売日
    2001-03-09
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    長崎ぶらぶら節 (新潮文庫)
    著者
    なかにし礼
    発売元
    新潮社
    ページ数
    352ページ
    発売日
    2003-09-28
    新品価格
    ¥ 594
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    兄弟
    著者
    なかにし礼
    発売元
    文藝春秋
    ページ数
    348ページ
    発売日
    1998-04-10
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    芸能の不思議な力
    著者
    なかにし礼
    発売元
    毎日新聞出版
    ページ数
    284ページ
    発売日
    2018-11-01
    新品価格
    ¥ 1,836
    中古商品
    ¥ 1,100 より
  • タイトル
    夜の歌
    著者
    なかにし礼
    発売元
    毎日新聞出版
    ページ数
    670ページ
    発売日
    2016-12-02
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    人生の教科書
    著者
    なかにし礼
    発売元
    ワニブックス
    ページ数
    175ページ
    発売日
    2012-06-27
    新品価格
    ¥ 1,028
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    赤い月〈下〉
    著者
    なかにし礼
    発売元
    新潮社
    ページ数
    269ページ
    発売日
    2001-05
    新品価格
    中古商品
    ¥ 9 より
  • タイトル
    赤い月〈上〉
    著者
    なかにし礼
    発売元
    新潮社
    ページ数
    252ページ
    発売日
    2001-05-01
    新品価格
    中古商品
    ¥ 30 より

音楽作品

DMMメディア

作詞家。作家。舞台演出家。プロデューサー。立教大学文学部卒。 1938年9月2日生まれ。中国・牡丹江市?出身。 作詞家活動として約300曲の作詞を手懸け様々なアーティストに提供。その内約30曲が大ヒットとなった、歌謡界のヒットメーカーである。当時の人気ドラマの主題歌に使われている曲にも数多く提供しているので、お聴きになった方も多いのではないだろうか。 また、作家活動も精力的に行っており『長崎ぶらぶら節』で第122回直木賞を受賞。吉永小百合主演で映画化、市原悦子主演でドラマ化もされた。他にも、『てるてる坊主の照子さん』はNHKの連続テレビ小説としてドラマ化されるなど、作家としての活動がますます盛んになる。 一方で、女優・松坂慶子の写真集『さくら伝説』をプロデュースするなど、意外な活躍も見せている。 自身の満州からの引き揚げ体験を描いた作品『赤い月』が降旗康男監督、常盤貴子主演で映画化が決定。2004年2月に上映されることで話題を呼んでいる。 日本レコード大賞作詩賞?受賞など、数々の受賞歴を誇る。(詳しくはオフィシャルサイトをご覧いただきたい) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アルバム
  • クラシック
  • 中華
  • 人民
  • 作品
  • 作詞
  • 共和国
  • 創作
  • 北海道
  • 小樽市
  • 映画
  • 満州国
  • 牡丹江
  • 牡丹江市
  • 翻訳
  • 著書
  • 随筆
  • 音楽
  • 黒竜江省
  • 両親
  • 在住
  • 成功
  • 満州
  • 現在
  • 終戦
  • 酒造