生年月日データベース

為末大ためすえだい

陸上ハードル選手[日本]

1978年 5月3日 生 (満40歳)

為末大 - ウィキペディアより引用

為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の男子元陸上競技選手。
400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中。
株式会社R.project取締役。
2001年世界陸上エドモントン大会・2005年世界陸上ヘルシンキ大会の男子400mハードルにおいて、世界陸上選手権の2大会で銅メダルを獲得。
又オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場した。
身長170cm、体重66kg。
プロフィール 広島市立五日市中学校から広島県立広島皆実高等学校を経て法政大学経済学部卒。
父方の祖母が被爆しており、為末自身は被爆3世にあたる。
この祖母の弟、つまり大叔父が今西和男。
大学卒業後、大阪ガスに入社したが退社し、2004年からはアジアパートナーシップファンド(APF)に所属しプロ陸上選手となる。
マネジメントについてはサニーサイドアップと契約している。
代理人はCaroline Feith(沢野大地、池田久美子らの担当でもある)。

関連書籍

DMMメディア

陸上選手。400mハードル日本記録保持者(47秒89)。アジアパートナーシップファンド所属。 1978年5月3日生まれ。広島県出身。170cm66kg。 広島県立皆実高等学校→法政大学 2000年シドニー、2004年アテネオリンピック出場。 2001年世界陸上(エドモントン大会)の男子400mハードルで銅メダルを獲得し、短距離・トラック種目ではオリンピック・世界陸上通じて日本人初のメダリストとなった。 2005年世界陸上(ヘルシンキ大会)の男子400mハードルでふたつめの銅メダルを獲得した。 2011年1月7日付のブログで、同い年の日本人女性と結婚したことを報告した。 2012年6月8日、日本選手権にて引退。 (引用元 Hatena Keyword)

「為末大」と関連する人物

連想語句
  • 大会
  • 世界
  • オリンピック
  • 選手権
  • ハードル
  • 取締役
  • 陸上
  • 陸上競技
  • アテネ
  • コメンテーター
  • シドニー
  • スポーツ
  • タレント
  • プロフィール
  • 北京
  • 指導者
  • 株式会社
  • 銅メダル
  • エドモントン
  • ヘルシンキ
  • 代表
  • 保持者
  • 出場
  • 戦績
  • 日本
  • 活動
  • 獲得
  • 現在
  • 男子
  • 記録
  • 連続