生年月日データベース

路木龍次みちきりゅうじ

男子サッカー選手[日本]

1973年 8月25日 生 (満45歳)

路木 龍次(みちき りゅうじ、1973年8月25日 - )は、長崎県出身の元サッカー選手(DF)。
左サイドのスペシャリスト。
実兄は路木健。
国見高から1992年にサンフレッチェ広島に入団。
同期は、須股一男、牧野安正、吉川公二。
当初は左サイドバックとして片野坂知宏の控えであったが、徐々に成長し出場機会を得出す。
1995年、監督がビム・ヤンセンに代わると完全にレギュラー獲得。
3-4-3の左ウイング・左サイドハーフ、あるいは3-5-2の左ウイングバックとして活躍、ピーター・ハウストラとのコンビでチャンスを量産した。
1996年にはアトランタ五輪代表レギュラー、その年末には初めてフル代表に選ばれた。
その後、広島が財政難に陥り、移籍金を得るため1998年に横浜マリノスに放出される。
怪我の連続で満足に試合に出られず、1999年半ばには浦和レッドダイヤモンズへ期限付き移籍し、翌年2000年に完全移籍。
2003年にヴィッセル神戸に入団するが、家庭の事情により一ヶ月で退団。
同年、大分トリニータに入団するも、短期間で退団。
エピソード 国見高時代に小嶺忠敏から「プロでは無理だ」とアドバイスを受けたと言われている。

映像作品

関連書籍

元日本代表のサッカー選手。 ポジションはディフェンダー。 1973年8月25日生まれ。長崎県長崎市出身。 178センチ。O型。利き足は左。 元々は左サイドアタッカー。横浜マリノスでサイドバックを経験し、浦和レッズでセンターバックにコンバート。 マイアミの奇跡では、決勝ゴールのきっかけとなるクロスボールを入れた。 日本代表国際Aマッチ5試合出場。 路木健は実兄。 (引用元 Hatena Keyword)