生年月日データベース

鮎川信夫あゆかわのぶお

詩人翻訳家[日本]

1920年 8月23日

1986年 10月17日 死去脳出血享年67歳

■ 関連書籍

あゆかわのぶお [生]1920.8.23.東京[没]1986.10.17.東京詩人,評論家。兵役のため1942年早稲田大学英文科中退。37年頃から詩誌『LUNA』などに作詩を発表していたが,『荒地』創刊(1947)以後同誌の主導的位置を占めた。テーマの多様性,感情領域の広さを示す詩と詩論を展開,新時代の人間苦を表現する詩人として注目された。主著『鮎川信夫詩論集』(64),『鮎川信夫全詩集』(65)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 著作
  • エッセイ
  • モダニズム
  • 上村
  • 主義
  • 主要
  • 図書
  • 対談
  • 小石川
  • 東京
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 評論
  • 評論家
  • 詩人
  • 詩作
  • 農本
  • 関連
  • うえむら
  • にのみや
  • よしかげ
  • りゅういち
  • イメージ
  • ナショナリスト
  • 一貫
  • 主催
  • 二宮
  • 人格者
  • 人間
  • 佳景
  • 出版者
  • 別名
  • 協会
  • 家庭
  • 帝国
  • 戦後
  • 文化
  • 文筆家
  • 本名
  • 温厚
  • 父親
  • 藤若
  • 詩壇
  • 豊川町
  • 重要
  • 隆一
  • 高田
  • 鮎川