生年月日データベース

出光佐三いでみつさぞう

出光興産 創業者[日本]

1885年 8月22日

1981年 3月7日 死去享年97歳

■ 関連書籍

いでみつさぞう [生]1885.8.22.福岡[没]1981.3.7.東京実業家。1909年神戸高等商業学校(現神戸大学)卒業後,神戸の貿易商に勤めたが,11年独立して門司に出光商会を開き,機械,石油の輸入と販売で成功,37年貴族院議員となる。40年出光興産として改組設立,以来石油の精製販売で独自の発展をとげている。特に第2次世界大戦後の石油業界は各社とも国際石油資本と提携したのに対して,民族資本,民族経営を掲げ,また他社にさきがけて自社タンカーによる原油輸送を開始して,その後のタンカーのマンモス化競争のトップを切るなど,その経営方針は佐三の強力なリーダーシップによるものである。たくましい企業家精神と事業に対する闘志の反面,人間尊重,家族主義および奉仕主義の経営で,産業界においてユニークな存在であった。 (引用元 コトバンク)

「出光佐三」と関連する人物

連想語句
  • 出光興産
  • 商業
  • 内池
  • 出光計助
  • 学校
  • 廉吉
  • 水島
  • 神戸
  • 著書
  • 議員
  • 貴族院
  • 賞詞
  • 関連
  • 高等
  • 元売
  • 創業
  • 創業者
  • 商売
  • 地域
  • 士魂商才
  • 多額
  • 実業家
  • 小売
  • 展開
  • 師事
  • 感化
  • 教授
  • 日本
  • 校長
  • 概論
  • 理念
  • 石油
  • 社長
  • 神戸大学
  • 納税者
  • 講義
  • 金儲け
  • 長男