生年月日データベース

野口健のぐちけん

登山家[日本]

1973年 8月21日 生 (満45歳)

野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。
了徳寺大学客員教授。
亜細亜大学国際関係学部卒業。
高校から登山を始め、1998年に25歳でチョモランマの登頂に成功し、当時の七大陸最高峰登頂最年少記録を樹立した。
また、エベレストや富士山の清掃活動など、環境問題に取り組んでいる。
生い立ち 日本人(元外交官の野口雅昭)の父親と、エジプト人の母親とのハーフ。
幼少期を海外で過ごす。
カイロ日本人学校の小学部から、イギリスの立教英国学院小学部に6年時に転校。
同学院の高等学校在学中、本人の言葉によれば“落ちこぼれ”の不良生徒であり、学校の先輩と喧嘩をして一ヶ月の停学処分を受ける。
停学中の一人旅で植村直己の著書と出会い登山を始める。
卒業後、亜細亜大学へ一芸入試で合格する。
これもあり、植村を強く慕うようになる。
亜細亜大学在学中は、学長の衞藤瀋吉から精神面・資金面ともに多大な支援を受けたという。
七大陸最高峰の最年少登頂達成 亜細亜大学入学後から、世界の名立たる山々へ挑戦を挑み、各地で最年少登頂記録を樹立する。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 野口健 ECO×TOUR トカラ列島の旅
  • 野口健 ECO×TOUR 対馬の旅
  • 野口健 ECO×TOUR 礼文島・利尻島の旅
  • 野口健 ECO×TOUR 小笠原諸島の旅
  • 野口健 ECO×TOUR 屋久島の旅
  • 野口健 ECO×TOUR 西表島の旅
  • オペレーティングシステム
  • 震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢
  • アメリカ文学と「語り」 白鯨からポストモダン文学へ
  • これがあなたのターニングポイントになる 脳と魂の不思議なしくみ
  • ヒマラヤに捧ぐ
  • 世界遺産にされて富士山は泣いている
  • 野口健が見た世界 INTO the WORLD 写真集
  • それでも僕は「現場」に行く
  • こだわり人物伝 2010年8-9月
  • こだわり人物伝 2010年6-7月
  • 野口健が聞いた英霊の声なき声 戦没者遺骨収集のいま
  • 確かに生きる 落ちこぼれたら這い上がればいい
  • 自然と国家と人間と
  • 富士山を汚すのは誰か 清掃登山と環境問題
  • 100 Remains 登山家、野口健が山で集めたゴミ。美術家、田中朝子が集めた野口健の言葉。
  • 確かに生きる 10代へのメッセージ
  • 関根勤/関根勤のカンコンキンラジオ〜オスの生き様 働いて働いて死んでゆく〜

アルピニスト、登山家、1973年生まれ、アメリカ・マサチューセッツ州出身。 元・七大陸最高峰世界最年少登頂記録保持者。2007年 植村直己冒険賞受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 亜細亜大学
  • 活動
  • シェルパ
  • ヒマラヤ
  • ボストン
  • 世界
  • 了徳寺
  • 国際
  • 多方面
  • 大学
  • 大戦
  • 大陸
  • 学部
  • 客員
  • 家族
  • 年少
  • 徳島大学
  • 教授
  • 最高峰
  • 登山家
  • 登頂
  • 社会
  • 評価
  • 貢献
  • 達成
  • 関係
  • エイド
  • ピーク
  • マサチューセッツ州
  • 代表
  • 出身
  • 医学部
  • 卒業
  • 収集
  • 問題
  • 基金
  • 外科
  • 子ども
  • 学校
  • 富士山
  • 建設
  • 戦没者
  • 支援
  • 教育
  • 日本人
  • 森林
  • 機能
  • 法人
  • 清掃
  • 現在
  • 環境
  • 講師
  • 運動
  • 遭難死
  • 遺骨
  • 非常勤