生年月日データベース

スロボダン・ミロシェヴィッチSlobodan Milošević

政治家大統領[セルビア]

1941年 8月20日

2006年 3月11日 死去享年66歳
スロボダン・ミロシェヴィッチ - ウィキペディアより引用

『ソロボダン・ミロシェビッチ』より : スロボダン・ミロシェヴィッチ(српски / srpski: Слободан Милошевић, ラテン文字転写: Slobodan Milošević、1941年8月20日 - 2006年3月11日)は、セルビアの政治家。
セルビア社会主義共和国幹部会議長(大統領に相当・第7代)、セルビア共和国大統領(初代)、ユーゴスラビア連邦共和国大統領(第3代)、セルビア共和国共産主義者同盟幹部会議長、セルビア社会党党首を歴任した。
欧米からは独裁者と見られている。
欧州諸国の国家元首ではベラルーシのルカシェンコ大統領と並び、いわゆる戦争犯罪に手を染めた人物として有名であり、2003年の新ユーゴスラビア解体後、欧米からはヨーロッパに最後まで残った全体主義政権の頭領にして独裁者として知られ、1992年のユーゴスラビア社会主義連邦崩壊後は一貫してNATO諸国と対立し、身柄を一連のユーゴスラビア紛争における戦争犯罪人として拘束され、戦犯として国際司法裁判所のあるハーグで起訴されていた2006年3月11日に、「人道に対する罪」(欧州ではナチスドイツ関係者を裁いたニュルンベルク裁判以来の適応となるジェノサイド罪で被告となっていた)に対する国際検事団による協同審議中に持病が悪化し、冷戦時代を締めくくる戦犯としてのミロシェビッチ被告は、収監先のオランダ王国ハーグにて獄死した。

「スロボダン・ミロシェヴィッチ」と関連する人物

連想語句
  • セルビア
  • 共和国
  • 概要
  • 大統領
  • ベラルーシ
  • ユーゴスラビア
  • ルカシェンコ
  • 主義
  • 出来事
  • 幹部会
  • 死後
  • 独裁者
  • 生涯
  • 社会
  • 社会党
  • 評価
  • 議長
  • 連邦
  • 関連
  • 主義者
  • 党首
  • 共産
  • 初代
  • 同盟
  • 政治家
  • 欧州
  • 歴任