生年月日データベース

スタンレー・ミルグラムStanley Milgram

心理学者[アメリカ]

1933年 8月15日

1984年 12月20日 死去心臓発作享年52歳

スタンレー・ミルグラム(Stanley Milgram、1933年8月15日 - 1984年12月20日)は、アメリカ合衆国の心理学者。
イェール大学とペンシルベニア大学で教鞭をとった。
イェール大学在職中に、スモール・ワールド現象(六次の隔たりの元になった概念)や権威に対する服従についてのミルグラム実験を行った事で知られている。
20世紀の最も重要な心理学者の一人に数えられるが、彼はブロンクス区のジェームズ・モンロー高校では、フィリップ・ジンバルドーと同級生だった。
ジンバルドーはのちにスタンフォード監獄実験で有名になった心理学者である。
ミルグラムは、ニューヨークのクイーンズカレッジの学部を卒業の時には心理学を専攻していなかった。
彼は、そこでは1954年、政治学で学士号を取得している。
彼は、ハーバード大学では社会科学でPh.D.を取得しようとし、当初は、心理学の専門的なトレーニングを受けていない事を指摘されて抗議したが、結局、1954年6週間の心理学のコースを受講し、1960年Ph.D.を取得した。

関連書籍

DMMメディア

連想語句
  • 大学
  • スモール
  • ワールド
  • 実験
  • 服従
  • 権威
  • 現象
  • イェール
  • 学者
  • 心理
  • センター
  • ニューヨーク
  • ブロンクス
  • ミルグラム
  • 大学院
  • 市立
  • 関連
  • ジェームズ
  • モンロー
  • 一人
  • 在職
  • 教鞭
  • 概念
  • 重要
  • 高校