生年月日データベース

G.G.佐藤じーじーさとう

プロ野球選手[日本]

(本名・佐藤隆彦)

1978年 8月9日 生 (満40歳)

G.G.佐藤 - ウィキペディアより引用

G.G.佐藤(ジー・ジー・さとう、本名:佐藤 隆彦〈さとう たかひこ〉、1978年8月9日 - )は、千葉県市川市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
プロ入り前 1978年に千葉県市川市で生まれる。
小学校時代から野球を始め、行徳のリトルリーグに在籍。
このときのチームメイトには相川亮二がいた。
中学時代は野村沙知代がオーナーを務めていた「港東ムース」に在籍し、桐蔭学園高等学校から法政大学に進学。
大学時代は内野手としてプレーするがレギュラーの座を奪うことができず、本塁打も通算で1本のみだった。
公式戦で外野守備に就いたことは無く、後藤武敏の控えとして後藤が一塁に移動した後に三塁を守った試合が多かったほか、大学3年秋にはシドニーオリンピック予選に出場した阿部真宏の代わりに遊撃手として出場した(4年春にも遊撃手としての出場がある)。

関連書籍

プロ野球選手(外野手)。背番号46→48。 通称「球界の詩人」「キモティ―――ッ!」*1 1978年8月9日千葉県市川市出身 桐蔭学園→法政大→フィリーズ1Aを経て04年ドラフト7位で入団。 本名・佐藤隆彦。高校時代は「じじぃ」と呼ばれていたため登録名はGGになった。 趣味がウェイトトレーニングだけに筋肉が自慢。ライバルはケンシロウ。 2004年の入団時は捕手登録、2005年シーズンは内野手登録、2006年シーズンからは外野手登録となった。 2006年はオープン戦好調で初の開幕スタメンを獲得。 4月中旬までは怒涛の活躍をし、チームの開幕スタートダッシュに貢献も、その後はそれまでの活躍がうそのように調子が上がらず二軍落ち。シーズン終盤に一軍へ復帰したが、調子が上がらずプレーオフのメンバーからも漏れる。 2007年もオープン戦好調。 また春男やオープン戦男となるのではと不安視されながらも二年連続で開幕スタメンを獲得、そのまま好調を維持し本塁打数は日本人トップ*2、中軸打者としての地位を確立しつつあった。2011年、退団。 2012年、イタリア・ボローニャへ移籍も8月に退団。 2013年、千葉ロッテマリーンズに入団。2年ぶりに日本球界へ復帰。 2014年、現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 年度
  • 成績
  • 選手
  • プロ野球
  • さとう
  • クラブ
  • ジー
  • チーム
  • フィリーズ
  • プロ
  • ボローニャ
  • ロッテ
  • 佐藤
  • 傘下
  • 内野手
  • 千葉県
  • 外野手
  • 守備
  • 市川市
  • 引退
  • 打撃
  • 現役
  • 表彰
  • 西武
  • 詳細
  • たかひこ
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 解説者
  • 隆彦