生年月日データベース

アナスタシア・チェボタリョーワAnastasia Chebotareva

バイオリン奏者[ロシア]

1972年 8月8日 生 (満46歳)

アナスタシア・チェボタリョーワ(ロシア語: Анастаси́я Саве́льевна Чеботарёва、ラテン文字転写例: Anastasia Savel'evna Chebotareva、1972年8月8日 - )は、ロシアのヴァイオリニスト。
ヤンケレーヴィチやコーガン、トレチャコフ、ムローヴァ等近代音楽史に燦然と輝く演奏家を数多く輩出したヤンポリスキーの流派に属する。
ロマン派の演奏に対する評価が特に高く、本人も「演奏の本質は、作曲家の情熱的な感情を如何に表現するかにある」と語っている。
モスクワ中央音楽学校を経て、モスクワ音楽院に学び、同院修士課程を修了した。
ソ連社会主義体制の下で国家による英才教育を受けた事が災いし、ソ連崩壊後の一時期、ロシア国内において「旧体制側の人間」とのレッテルを張られ、不当な評価を受けていた。
1990年代後半に入り、活動拠点を欧米や日本に移してからは、この世代のヴァイオリニストとして世界最高峰の一人とする評価が定着し、2004年にはロシア政府も最年少で「ロシア功労芸術家」の称号を授与している。

音楽作品

「アナスタシア・チェボタリョーワ」と関連する人物