生年月日データベース

中島貞夫なかじまさだお

映画監督[日本]

1934年 8月8日 生 (満84歳)

中島 貞夫(なかじま さだお、1934年(昭和9年)8月8日 - )は、日本の映画監督・脚本家。
1934年(昭和9年) - 千葉県にて出生。
1944年(昭和19年) - 10歳の時に父親が戦死。
1954年(昭和29年) - 日比谷高校卒。
1959年(昭和34年) - 東京大学文学部卒。
在学中は倉本聰・村木良彦らとギリシア悲劇研究会を設立し、日比谷野外音楽堂で公演を開き、大成功を収めた。
大学卒業後、東映に入社。
「お前、ギリ研か。
ギリシア悲劇は時代劇や。
ほな、京都、行け」と会社に言われ、東映京都撮影所配属が決定した。
助監督時代はマキノ雅弘・沢島忠・田坂具隆・今井正らに師事する。
マキノ雅弘門下の先輩、脚本家笠原和夫・監督深作欣二は親友で、後に数多くの作品で、コラボレートしている。
1964年(昭和39年) - 『くノ一忍法』で監督デビュー。
1966年(昭和41年) - 挫折しながらも「イキがったらあかん、ネチョネチョ生きるこっちゃ」と粘り強く生きるチンピラ達の逞しい青春群像を描いた『893愚連隊』で注目される。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

東映京都生え抜きの職人監督。 『沖縄やくざ戦争』『大阪電撃作戦』など実録路線の傑作、まむしの兄弟シリーズや『脱獄広島殺人囚』などのロービートでコミカルな娯楽映画から、笠原和夫脚本によるテロリスト賛歌『日本暗殺秘録』や自ら脚本も執筆し日本の漂泊民「サンカ」を描いた『瀬降り物語』などの問題作まで、作風は幅広い。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 昭和
  • フィルモグラフィー
  • 倉本聰
  • 千葉県
  • 受賞
  • 文学部
  • 日比谷
  • 東京大学
  • 監督
  • 脚本
  • 著書
  • 関連
  • 出演
  • 出演作
  • 出生
  • 在学
  • 学校
  • 戦死
  • 村木良彦
  • 東京
  • 父親
  • 都立
  • 高校
  • 高等